時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

タグ:華神 ( 2 ) タグの人気記事


2018年 10月 30日

寒蘭2018(その1、華神)


 今年の寒蘭の花は例年よりかなり早い。一番早く開いたのは「華神」だった。前にも書いたと思うが、この花の原産地はよくわからない。土佐なのか、日向なのか、はたまた薩摩の可能性もある。花の形からいうと日向あたりではないかと思うのだが。どちらにしても紅花の古くからの銘品で、幅のある花弁と、同じく幅のある舌に特徴がある。時鳥庵の「華神」はやや大株で毎年花をつけるが、今年もほぼ同じ大きさの花芽を2本上げた。どちらも蕾が5個付いていたのだが、片方は切り取った。やはり5花では花軸もそれほど伸びず、下の花は葉から抜け出なかった。7花ほど付いてくれると嬉しいのだが・・・。花色は早い割にはまずまずかと思う。
a0342569_14063468.jpg
a0342569_14064533.jpg
a0342569_14065538.jpg
a0342569_14070750.jpg
a0342569_14071768.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 30mm F3.5 Macro)


by jichouan | 2018-10-30 14:08 | 園芸 | Comments(0)
2017年 10月 29日

寒蘭2017(その1)


 今年の寒蘭は大失敗をした。花芽が上がり出したころ温室内にセスジツユムシが侵入し、花芽を片っ端から食べたのだ。これにはちょっとがっかりした。それでも半分は残った。誠に残念である。
 さて、今年最初に咲いたのは「華神」だった。この寒蘭は日向寒蘭だと言われているが、土佐寒蘭の「智の舞」はそっくりで、同じものではないかと思われる。事情通によれば採取されたのは土佐で、その後日向に持ち込まれ命名されたのではないかとのことだ。幅のある花弁と舌が特徴の紅花。今年は2本花芽が上がったのでどちらか良い方を残してもう一方は切り取る予定だったのだが・・・。 一本は完全に食べられ、もう一本も4つしかなかった蕾の1つをかじられてしまった。それでも3花は無事開花。大きさも形も悪くはなかった。もう少し遅く咲いてくれれば色ももっとよくのったと思うのだが・・・
a0342569_10241151.jpg
a0342569_10242136.jpg
a0342569_10240238.jpg
(Data: 20171027; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-10-29 10:25 | 園芸 | Comments(0)