時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

タグ:山野草 ( 41 ) タグの人気記事


2018年 05月 15日

キンラン・・・


 キンランは時鳥庵に結構あったが、最近はイノシシが林床を掘り起こすので少し減ってしまった。それでもこの時期、いく株も花をつけている。このキンラン、通常含み咲きが多く、完全に開いたところはあまり見ない。ひょっとすると完全に開く時間が短いのかもしれない。完全に開くとこんな花になるのだ。なるほどランらしい形に咲いている。
a0342569_21095394.jpg
a0342569_21100521.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-05-15 21:11 | 植物 | Comments(0)
2018年 05月 09日

マムシグサ・・・


 サトイモ科テンナンショウ属の植物で、同属にはテンナンショウやウラシマソウ、ユキモチソウなど好事家が収集するような仲間が結構多い。茎(偽茎か?)に毒へびのマムシに似たまだら模様があるのでこの名前がついたという。時鳥庵とその周辺にはいたって普通にあって、小さいのは40㎝くらいだが、大きいのは90㎝にもなる。まあ、どこでも普通にある植物なのだろうが、ちょっとおもしろい花だ。ミズバショウなんかもそうだし、サトイモ科の植物には面白いのが多いのだ。どちらかというとちょっと湿った所を好む種類が多い。
a0342569_20072382.jpg
(D7000; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)
a0342569_20073535.jpg
(D7000; AF-S VR Micro-Nikkor 60mm F2.8G )
a0342569_20074814.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2018-05-09 20:10 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 15日

オオミスミソウ2018(その4、最終回)


 花はもうすでに終わっているので、今年はこれが最後だ。イノシシに掘り返されたりしてあまり調子は良くないのだが、その反面、実生で育ったものがいくらか増えた。実生で増えた株にどんな花が咲くかは分からず、それを見るのも面白い。毎年初めて見る花が増えているのだから、うれしい。
a0342569_09555686.jpg
a0342569_09560612.jpg
a0342569_09561510.jpg
a0342569_09562339.jpg
a0342569_09563494.jpg
a0342569_09564494.jpg
a0342569_09570321.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-04-15 09:59 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 09日

オオミスミソウ2018(その3)


 
a0342569_18091110.jpg
a0342569_18095355.jpg
a0342569_18092236.jpg
a0342569_18093358.jpg
a0342569_18100435.jpg
a0342569_18094256.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-04-09 18:11 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 04日

シュンラン2018


 今年もシュンランの葉はノウサギに食べられて散々だ。ここ数年その被害は目に余るものがある。ノウサギは明らかに増えている。天敵のキツネなどが減少しているのだろうか。
 花も例年より減っている。中には15花以上付けている大株もあるのだが・・・。
a0342569_17352140.jpg
a0342569_17354457.jpg
a0342569_17355792.jpg
a0342569_17361014.jpg
a0342569_17362458.jpg
a0342569_17363562.jpg
a0342569_17364840.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


by jichouan | 2018-04-04 17:38 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 02日

オオミスミソウ2018(その2)


a0342569_08531047.jpg
a0342569_08531995.jpg
a0342569_08532786.jpg
a0342569_08533678.jpg
a0342569_08534540.jpg
a0342569_08535440.jpg
(Data: 20170607; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2018-04-02 08:54 | 植物 | Comments(0)
2018年 03月 31日

オオミスミソウ2018(その1)


 今年はちょっといろいろ用事があって、時鳥庵に戻るのが遅くなってしまったので、オオミスミソウはもう盛りを過ぎていた。もうそろそろ終わりだ。楽しみにしていたのに残念だ。しかも、一部イノシシに掘りかえされていたり、あまり調子はよくない。それでも、予想外のところに実生で出た株に花が咲いてたりして、それはそれで喜んでいる。
a0342569_11561284.jpg
a0342569_11562331.jpg
a0342569_11563140.jpg
a0342569_11564347.jpg
a0342569_11565116.jpg
a0342569_11570047.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-03-31 11:59 | 植物 | Comments(0)
2017年 09月 23日

ヘラオモダカ・・・


 水田横の用水路に水生植物のオモダカに似た花が咲いていた。オモダカとは葉の形が違って細長いのだ。調べるとどうやらヘラオモダカのようだ。ともにオモダカ科の植物で、クワイの仲間だ。ちなみにこのクワイ、オモダカの園芸品種だという。
a0342569_08564198.jpg
a0342569_08561793.jpg
(Data: 20170915; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_08570476.jpg
(Data: 20170919; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-09-23 08:59 | 植物 | Comments(0)
2017年 08月 02日

カワラナデシコ・・・


 ここのところ天気が思わしくなく、庵主の活動も休止状態だ。そんな中ちょっと日差しがあったので下の水田まで行ってみると、田んぼの脇にカワラナデシコが咲いていた。最近は採取されたりして減っているらしが、時鳥庵の近くでも多くはない。花の少ない時期にあって、一服の清涼剤になる。
a0342569_16061150.jpg
(Data: 20170728; D500; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)


by jichouan | 2017-08-02 16:08 | 植物 | Comments(0)
2017年 06月 16日

イチヤクソウ・・・


 珍しい花を見つけた。ツツジ科のイチヤクソウだ。同じ仲間のベニバナイチヤクソウは山地でよく見かけ、大きな群落を作っていることもあるのだが、平地から低山地にあるイチヤクソウはあまり目にしない。林道わきの林床にひっそり咲いていた。時鳥庵の庭にも少数が自生していたのだが、最近は見ていない。漢字では「一薬草」と書くように薬草として珍重されていたらしい。少し白飛びしてあまりよい写りでなかったため、撮り直しに行ったのだがすでに花は終わっていた。
a0342569_16490507.jpg
(Data: 20170609; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

 ちなみにベニバナイチヤクソウはこんな花だ。2011年の7月に群馬県の武尊牧場の近くで写したものだ。
a0342569_16492866.jpg


by jichouan | 2017-06-16 16:50 | 植物 | Comments(0)