時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 24日

アザミウマ(その3)


 今回紹介するのもツノオオアザミウマ(クダアザミウマ科、オオサザミウマ亜科)の一種だ。前回紹介したBactrpthrips pictipes と同時に見つかった Bactrothrips flectoventris Haga & Okajima だ。この種は複眼が変わっていて、腹面で後方に伸びているのだ。したがって複眼は背面より腹面で大きい。日本産7種のうちこの種だけが持つ特徴だ。また面白いことに本種は静止している時からだをJ字型(またはその逆)にまげる性質がある。なぜなのかは不明なのだが。
 今回、神武寺で見つけたのだが、これは関東地方では初めての記録になる。もう何十回も神武寺では調査しているのだが・・・。また、本種はたいていはアラカシの枯れ葉から見つかるのだが今回はアカガシの枯れ葉から見つかった。
 まずは見つけた時の集団だ。黒いのが成虫。赤いのは幼虫だ。成虫のうち腹部に角状の突起があるのがオス、無いのがメスだ。
a0342569_12292060.jpg
a0342569_12293022.jpg
a0342569_12294442.jpg


 メス
a0342569_12301035.jpg


 オス
a0342569_12303503.jpg
a0342569_12304675.jpg
a0342569_12305970.jpg
a0342569_12311151.jpg
 一番下の写真は腹面だ。複眼が背面より大きいのが分かる。

by jichouan | 2017-01-24 12:32 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 01月 18日

アザミウマ(その2)


 手始めに挑戦したのは比較的大型の種類だ。それでも大きさは4-5㎜で、やはり小さいことにかわりはない。
 今回紹介するのはクダアザミウマ科のツノオオアザアミウマの一種 Bactrothrips pictipes Haga & Okajima (クダアザミウマ科、オオアザミウマ亜科)。昨年12月に10年ほど前までフィールドにしていた、三浦半島は逗子の神武寺に行ってみた。そこでまず見つけたのがこのアザミウマだ。アカガシの枯葉上で見つかることが多い。食菌性で、枯葉上の不完全菌類の胞子を食べている。近似種がいるのだが、そこは専門家なので、あまり苦労することもなく同定できた。中脛節の端部1/3が黄色いのが分かるだろうか。それで写真でもこの種だとわかる。この属ではオス成虫の腹部第6節に左右1対の角状突起がある。メスにはない。
 まずはメス。腹部に赤い体内の色素が透けて見える。
a0342569_10145329.jpg
a0342569_10144265.jpg
a0342569_10150388.jpg


 そしてオス。腹部第6節に1対の角状突起を備える。
a0342569_10151464.jpg
a0342569_10152649.jpg
a0342569_10153788.jpg


by jichouan | 2017-01-18 10:17 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 01月 11日

アザミウマ(その1)


 聞きなれない名前かもしれないが「アザミウマ」というのは私が専門に研究している昆虫だ。アザミウマ目(=総翅目)に含まれる昆虫の総称だ。「総翅」というように、細長い翅の周囲には極めて繊細な総(ふさ)のような毛を多数並べ持つ。今年はそんなアザミウマを紹介しようと思うのだが、これは庵主にとっては一つの挑戦だ。というのは、このアザミウマとにかく小さい。小さい種で体長0.6㎜程度で、1‐2㎜の種が最も多い。中には5㎜を超える種もいるがそう多くはない。標本写真ならともかく、生態写真となると撮影が大変で、そういう意味で挑戦なのだ。小さいうえに動き回るから、厄介だ。庵主はこれまで1倍程度までの接写は何とかこなしてきたが、それ以上の倍率となるとほとんど経験がない。それに老眼のために衰えつつある視力も大きな障壁で、ピントを合わせるのに相当苦労する。機材をそれなりにそろえる必要もあり、試行錯誤しながら写している。 まず手始めに標本写真をいくつかアップしておこう。おおよそどんな昆虫か分かるだろう。標本はカナダバルサムで封入したプレパラート標本だ。ちゃんと展翅・展足してあるところを注目してほしい。
a0342569_09302994.jpg
a0342569_09304687.jpg


 アザミウマ科の2種。
a0342569_09311519.jpg
 Hydatothrips abdominalis (Kurosawa)

a0342569_09312614.jpg
 Trichromothrips elegans Masumoto & Okajima

 さらにクダアザミウマ科の3種。
a0342569_09314127.jpg
 Acallurothrips hagai Okajima

a0342569_09315954.jpg
 Meiothrips menoni Ananthakrishnan、東南アジアの種類だ。

a0342569_09323124.jpg
 Holothrips flavus Okajima

by jichouan | 2017-01-11 09:38 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 01月 05日

新年を迎えて・・・


 皆さん、明けましておめでとうございます
 今年もどうかよろしくお願いします。
 昨年は4月から時鳥庵において新たな生活をスタートさせました。それまでのスケジュールに追われる生活とは異なる、自由気ままな生活を送ることができました。その日のことはその朝起きてから何をするか考える生活です。たった一つの決め事は、少なくとも週一度はこのブログを更新するというものです。その目標に関しては、これまでの所十分達成できました。今年も精進したいと思いますので、よろしくお願いします。ただし、4月までは世田谷で越冬中のため少し滞るかもしれません。

by jichouan | 2017-01-05 14:26 | 未設定 | Comments(0)