時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 23日

しばらく時鳥庵には行けないので・・・

 ここのところ何とも忙しく、また寒いので、しばらく時鳥庵には行ってない。ネタが無いのでこれまでに咲いた寒蘭の花でも貼っておこう。
a0342569_17525453.jpg
 日南の誉・・・まだ本咲きではないだろう。もう少し花弁に幅が出てもよい。
(Data:20141117; X-E2; XF 60mm F2.4 R Macro)

a0342569_17521549.jpg
 旭日・・・これもまだまだ。花弁がやせすぎ。本咲ではもっと花弁が広く力強く咲く。
(Data:20151116; X-E2; XF 60mm F2.4 R Macro)

a0342569_17523910.jpg
 若の花・・・白千代に似た準素心。開花後3週間くらいで撮影。10日目くらいまでは舌も巻かず、花弁も幅を持っていて見ごたえがある。
(Data:20151026; X-E2; XF 60mm F2.4 R Macro)

a0342569_17522728.jpg
 月の誉・・・日向を代表する更紗花。舌が丸く巻かないし、花弁は最後まで形を崩さない。
(Data:20141117; X-E2; XF 60mm F2.4 R Macro)

a0342569_17520464.jpg
 やなせ錦・・・これも花弁が厚く最後まで形が崩れない。舌はべた風で、うまく作るともっと赤くなる。昔からの銘品だが見あきない。
(Data:20141102; X-E2; XF 60mm F2.4 R Macro)

 私のところにある寒蘭はほとんどが古い銘品で、新しいものはあまりない。最近の命名品は大輪系が多く大変高価なものが多い。それらは確かにすばらしい花なのだが、個人的にはあまり好きではない。色や大きさもほどほどに、ということだ。控え目な美しさこそ、古典園芸の詫び錆びだろうと、勝手に思っている。しかも、昔の銘品の中には増殖によって手頃な値段で買えるものが結構あって、それが何よりうれしい。つまり、栽培しやすい=増殖する=安くなる、という構図だ。安くて育てやすいのだ。私は展示会などに出品するでもなし、自身で楽しむだけなので、それで大満足なのだ。


by jichouan | 2016-01-23 16:56 | 園芸 | Comments(0)
2016年 01月 21日

マイマイカブリ

a0342569_14372689.jpg
 昨年採集したマイマイカブリを展足してみた。この辺では那珂川の河川敷まで行くと、結構いるようだ。時々、頭部と前胸背が青い光沢を持つ個体もいるが、おそらくヒメマイマイカブリで、ミヤママイマイカブリではない。もう少し北に行くとミヤママイマイカブリに置き換わるのだろう。ただし、両者の区別はあいまいで、連続した変異と分布を示すのだと思う。
 時鳥庵で本種はまだ見ていない。ちなみにエサキオサムシはごく普通に見かけ、時折アオオサムシやクロナガオサムシをみかける。トラップをかけたり、冬季採集をするなど積極的に探したことはない。


by jichouan | 2016-01-21 15:02 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 01月 12日

老猫

a0342569_12371006.jpg
a0342569_16221902.jpg

(上) 昨年暮れ(12月29日)に時鳥庵で写した我が家の老猫。オスで今年の春には20歳になる。数年前から腰に力が入らないようで、ちょっとよろけているが、それでも毎日外歩きは欠かさない。結構でかくて、若い頃はもうちょっとで8Kgという所までいった。時鳥庵につれてくると東京より少し気温が低いので、昼間は温かい布団の上で一日中ぐうたらしている。(Data: 20151229: D7000; AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G)

(左) 2リットルのペットボトルと比べると大きさがわかる。ちょっと古いが、6年前に時鳥庵で撮影。(Data: 20091012; D3; AF-S Nikkor 24-120mm F3.5-5.6G ED VR)



by jichouan | 2016-01-12 12:51 | 動物 | Comments(0)
2016年 01月 09日

?モズ

a0342569_12225754.jpg
 1月2日にさかのぼるのだが・・・・朝、窓のカーテンを開くと目の前の電線に小鳥が。時鳥庵では水は井戸水だが、さすがに電気だけは引いている。とっさのことで手元にあったカメラでパチリ。設定も何もあったものではない。おまけに窓越し。結果、ピンボケの一枚がこれ。
 この鳥は時鳥庵周辺では良く見かける種類で、私はモズだと思っているのだが。自信はない。
(Data: 20160102; 1 V3; 1 Nikkor VR 70-300mm)


by jichouan | 2016-01-09 09:36 | | Comments(0)
2016年 01月 04日

梅の花芽....

a0342569_12505334.jpg
a0342569_12192812.jpg
(Data: 20160104; D7000; Elmar-M 65mm F3.5)

a0342569_14002439.jpg
(Data: 20160101; D7000; AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G)

 時鳥庵の畑では南高梅の花芽も膨らむ・・・。


by jichouan | 2016-01-04 14:33 | | Comments(0)
2016年 01月 01日

2016年

a0342569_12555230.jpg
 いつもの年はこの時期、時鳥庵の畑は枯れ色一色なのに、今年はタンポポの花が・・・。元旦に撮ったカントウタンポポ(だろうと思う)。
(Data: 20160101: D7000; AF-S Micro Nikkor 60mm F2.8G)


by jichouan | 2016-01-01 14:30 | 植物 | Comments(0)