時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

カテゴリ:動物( 11 )


2018年 10月 29日

アカハライモリ・・・


 10月27日、この日は夜中から朝まで結構な雨が降った。昼ごろ、時鳥庵の庵の前に何か動くものがいた。近づいてよく見るとそれは何と小さな(6cmくらいか)アカハライモリだった。どこから来たのだろう。近くに水場は無い。一番近い水場でも100m以上はあるのだ。この小さな体で雨の中を歩いてきたとしか思えない。今日、下の水田横の用水路まで送ってきた。画像はピンボケです。ご容赦ください。
a0342569_13471762.jpg
a0342569_13472539.jpg
a0342569_13473733.jpg


by jichouan | 2018-10-29 13:49 | 動物 | Comments(0)
2017年 12月 31日

またまた表彰されたものの・・・


 今年も昨年に引き続き、老描「ファルコン」の長寿を記念して表彰されてしまった。21歳の表彰だ。獣医さんによると、表彰はこれが最後とのことだ。つまりネコの21歳以上の長寿は想定していない、ということだろう。
a0342569_14201337.jpg

 そして、そのファルコン、10月に風邪をひき、それから調子を崩してしまったのだ。時鳥庵は寒いので、世田谷に連れてきて家内が面倒を見ていたのだが、12月3日からほとんどものを食べなくなり、ついに12月9日旅立ってしまった。21歳と9カ月ほどだろうと推定している。
 たまたま近くにペットの供養をしてくれるお寺があったので、獣医さんの勧めもあってそこで荼毘にふすことができた。保険所に引き取ってもらうのもなんとなくかわいそうだったので。もともとは時鳥庵の庭に埋葬しようと思っていたのだが・・・。それでこんな姿になってしまった次第である。
a0342569_14202860.jpg

 今年最後の記事が、老描の訃報になってしまったが、これだけ長生きすればある意味めでたくもあるので、あえて掲載した次第だ。22年近くもの間、多くの人々を癒してくれました・・・。元気なころの写真を掲載し、記念とします。写真は2009年10月に時鳥庵で写したものだ。
a0342569_14204442.jpg


by jichouan | 2017-12-31 14:24 | 動物 | Comments(0)
2017年 07月 26日

緑白のアマガエル・・・


 温室横にいたニホンアマガエルだ。白と黄緑のまだら模様。純白ではないがこの白と黄緑のまだら模様は結構美しいと思うのだが。
a0342569_08502040.jpg
(Data: 20170719; D500; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)


by jichouan | 2017-07-26 08:55 | 動物 | Comments(0)
2017年 04月 14日

子グモの行方・・・


a0342569_17474201.jpg
a0342569_17472911.jpg
(Data: 20170405; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 枯れ枝の先の糸で作った巣の中にたくさんの子グモがいた。体長は2mmにも満たない。庵主はクモのことは分からないので種名は不明。当日は風が結構あって、強い風が吹くと子グモたちは糸をはいて、その糸ごと次々に風に飛ばされていくのだ。クモが移動するのに風を利用する話は知っていたが、このような光景は始めて見た。次々に飛ばされて行く子グモ達はどこに行きつくのだろうか・・・。小さいうえに風が強かったので、少々ピンボケの写真にはご容赦願いたい。

by jichouan | 2017-04-14 17:50 | 動物 | Comments(1)
2017年 04月 08日

アズマヒキガエル・・・


 一昨日(4月6日)のことである。朝9時ごろ、温室の天窓を開けに行った時のことだ。ここのところ暖かく、また、まだ周りの落葉樹が芽吹いていないので温室には日が当たり、天窓をあけないと温室内の温度が上がってしまうのだ。温室は時鳥庵の建物の下にあり、その間は斜面になっており、コナラやヤマザクラが生えている。
a0342569_11445977.jpg
 そんな斜面の中で何やらガサゴソと音がする。最初はコジュケイでもいるのかと思ったのだが、いくら目を凝らしてもそれらしいものは見えない。しばらく見ているとあちこちで同じようなガサコソが始まった。それは斜面の下へ移動してくる。
 はたしてその正体は、アズマヒキガエル(ニホンヒキガエルの亜種)だった。どれも十分成長した成体である。
a0342569_11451307.jpg
a0342569_11453000.jpg
a0342569_11454521.jpg
(Data: 20170406; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)
 しばらく見ていると何匹ものヒキガエルが斜面を下へ下へと降りてくるではないか。時に2匹が絡み合いながら。低い方へ移動するのは水場を探すためだろう。急に暖かくなったので、産卵場へ向かっているのだろう。おそらくその夜の水場ではすさまじいカエル合戦が演じられたのではあるまいか・・・。

by jichouan | 2017-04-08 11:48 | 動物 | Comments(0)
2016年 12月 14日

老猫の絵....


 表彰されたついでで申し訳ないが、これを記念して義姉が描いてくれたファルコンの絵をアップしておこう。ちなみにあと3カ月もすると彼は21歳になる。いまだに元気でたいそう騒がしい。
a0342569_13543596.jpg
a0342569_13545859.jpg
a0342569_13551974.jpg
a0342569_13554093.jpg


by jichouan | 2016-12-14 13:56 | 動物 | Comments(0)
2016年 12月 10日

表彰状....


 時鳥庵は寒くなったので越冬のために世田谷に帰ってきた。すると近くの獣医さんの所に表彰状が届いていた。飼っている老猫「ファルコン」が20歳になったので、「よく長く飼育した。愛猫家の範である。」というもの。
a0342569_15563185.jpg


 今年の10月15日に撮影したファルコン。寒くなってくると布団にもぐりこむ。生意気に枕がないと寝ない。
a0342569_15564998.jpg


 時鳥庵の庭でひなたぼっこをするファルコン。10月31日に撮影した。
a0342569_15570818.jpg


by jichouan | 2016-12-10 15:58 | 動物 | Comments(0)
2016年 10月 20日

シュレーゲルアオガエル....

 シュレーゲルアオガエルはアオガエル科のカエルで繁殖期以外は樹上で生活しているようだ。この時期樹葉上で時々みかける。アマガエルより大きく、アマガエルが目から耳、体側にかけて褐色の帯があるのに対して、全体が美しい黄緑色をしているので見分けは簡単。ただし、周りの状況で色は多少変化する。日本の固有種で、なぜか時鳥庵のある栃木県では準絶滅危惧種に指定されているのだが、時鳥庵では少なくない。
a0342569_06335785.jpg
a0342569_06331876.jpg
a0342569_06333736.jpg
 なかなかかわいい顔をしている。肌の質感もヌルヌルした感じがなく悪くない。

a0342569_06341719.jpg
 夜、庵主の黒い車の上でまったりしているのを見つけたが、その体色はやや黒みがかっていた。

 比較のためにニホンアマガエルの写真も貼っておく。目から体側にかけて褐色の帯があるのが分かる。
a0342569_06343489.jpg


by jichouan | 2016-10-20 06:38 | 動物 | Comments(0)
2016年 08月 18日

好物のイカ刺しを食べる20歳ネコ....

 今日から月末まで家内が出かけるので、時鳥庵は私と20歳の老描だけになる。前にも書いたがこの老描イカ刺しが好物の一つだ。私の食事の時間になると必ず隣の椅子に乗ってくる。好物をねだるためだ。
a0342569_19265850.jpg
 好物のイカ刺しを食べる20歳ネコ。前歯はすでにない。ブレブレの写真、お許しを、なんせ右手で餌やり、左手で撮影・・・。

by jichouan | 2016-08-18 19:32 | 動物 | Comments(0)
2016年 04月 09日

老描2

 我が家の老猫は確実に20歳になりました。
a0342569_19080788.jpg
 現在、時鳥庵では私とこの猫がいるだけ。家内が6日に世田谷に帰ったので。この猫、とにかくうるさい。食事のときはニャーニャー鳴きっぱなし。俺にも何かくれというわけ。好きなのはイカ刺し。次いでホタテ貝。それにカツオ。カツオは土佐風に表面をあぶっていないとダメ。タイやマグロの刺身など見向きもしない。何かこだわりがあるのか。イカは猫に食べさせてはだめとよく聞いたが、食べさせても別に問題なし。
 私は職業柄たくさんの学生や生徒を表彰してきた。でも、思い出すに私自身が表彰されたことなどほとんどない。出来が良くなかったのだから当然だろう。ところが世田谷区はこの猫のおかげで私を2度も表彰している。この猫が15歳になったときと18歳になった時だ。よく長く飼ってくれましたという表彰だ。行きつけの犬猫病院の先生が申請してくださったとのこと。20歳になったのでまた表彰されるかな。



by jichouan | 2016-04-09 22:00 | 動物 | Comments(2)