時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

カテゴリ:植物( 47 )


2018年 04月 15日

オオミスミソウ2018(その4、最終回)


 花はもうすでに終わっているので、今年はこれが最後だ。イノシシに掘り返されたりしてあまり調子は良くないのだが、その反面、実生で育ったものがいくらか増えた。実生で増えた株にどんな花が咲くかは分からず、それを見るのも面白い。毎年初めて見る花が増えているのだから、うれしい。
a0342569_09555686.jpg
a0342569_09560612.jpg
a0342569_09561510.jpg
a0342569_09562339.jpg
a0342569_09563494.jpg
a0342569_09564494.jpg
a0342569_09570321.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-04-15 09:59 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 11日

ナシの花・・・


 時鳥庵の畑の隣はナシ畑なのだが、今、そのナシの花が満開だ。やはり平年よりかなり早い。ナシの花は真っ白で、ソメイヨシノよりやや大きくて形も整い、花弁もしっかりしていて、結構見ごたえがある。木姿は棚作りになっているのでうかがい知れないが、上から見ると白い絨緞のごとくである。
a0342569_17410094.jpg
a0342569_17411438.jpg
a0342569_17412341.jpg
(D7000; Makro-Planer T* 2/50 ZF.2)

 花を近くで見ているとヒメクロトラカミキリとヒナルリハナカミキリが訪花していた。撮影を試みたが、ここのところ毎日風が強く、この程度の写真しか撮れなかった。
a0342569_17413750.jpg
a0342569_17414810.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)

 上がヒメクロトラカミキリ、下がヒナルリハナカミキリだ。

by jichouan | 2018-04-11 17:43 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 09日

オオミスミソウ2018(その3)


 
a0342569_18091110.jpg
a0342569_18095355.jpg
a0342569_18092236.jpg
a0342569_18093358.jpg
a0342569_18100435.jpg
a0342569_18094256.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-04-09 18:11 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 04日

シュンラン2018


 今年もシュンランの葉はノウサギに食べられて散々だ。ここ数年その被害は目に余るものがある。ノウサギは明らかに増えている。天敵のキツネなどが減少しているのだろうか。
 花も例年より減っている。中には15花以上付けている大株もあるのだが・・・。
a0342569_17352140.jpg
a0342569_17354457.jpg
a0342569_17355792.jpg
a0342569_17361014.jpg
a0342569_17362458.jpg
a0342569_17363562.jpg
a0342569_17364840.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


by jichouan | 2018-04-04 17:38 | 植物 | Comments(0)
2018年 04月 02日

オオミスミソウ2018(その2)


a0342569_08531047.jpg
a0342569_08531995.jpg
a0342569_08532786.jpg
a0342569_08533678.jpg
a0342569_08534540.jpg
a0342569_08535440.jpg
(Data: 20170607; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2018-04-02 08:54 | 植物 | Comments(0)
2018年 03月 31日

オオミスミソウ2018(その1)


 今年はちょっといろいろ用事があって、時鳥庵に戻るのが遅くなってしまったので、オオミスミソウはもう盛りを過ぎていた。もうそろそろ終わりだ。楽しみにしていたのに残念だ。しかも、一部イノシシに掘りかえされていたり、あまり調子はよくない。それでも、予想外のところに実生で出た株に花が咲いてたりして、それはそれで喜んでいる。
a0342569_11561284.jpg
a0342569_11562331.jpg
a0342569_11563140.jpg
a0342569_11564347.jpg
a0342569_11565116.jpg
a0342569_11570047.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


by jichouan | 2018-03-31 11:59 | 植物 | Comments(0)
2017年 10月 05日

アサガオ・・・


 時鳥庵の畑では小さいがアサガオのような花がが咲いている。雑草とともに常に刈っているのだがそれでも咲く。野性化したアサガオなのか、それとも近縁種のアメリカアサガオなのか庵主にはよく分からない。どちらにしてもアメリカからの外来種に違いない。花は小さく直径が3~5cmほどだが、なんとなく気に入っている。
a0342569_19292868.jpg
a0342569_19293878.jpg
a0342569_19295006.jpg
(Data: 20171002; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-10-05 19:36 | 植物 | Comments(0)
2017年 09月 23日

ヘラオモダカ・・・


 水田横の用水路に水生植物のオモダカに似た花が咲いていた。オモダカとは葉の形が違って細長いのだ。調べるとどうやらヘラオモダカのようだ。ともにオモダカ科の植物で、クワイの仲間だ。ちなみにこのクワイ、オモダカの園芸品種だという。
a0342569_08564198.jpg
a0342569_08561793.jpg
(Data: 20170915; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_08570476.jpg
(Data: 20170919; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-09-23 08:59 | 植物 | Comments(0)
2017年 09月 15日

フジカンゾウ・・・


 8月の下旬から時鳥庵の温室横などにハギ類に似たピンク色の花が咲いている。何だろうと思っていたのだが、ここにきて結実し、その果実を見てやっとわかった。「ひっつき虫」の一種、マメ科のヌスビトハギの仲間だ。ただ、葉が羽状複葉で5枚・7枚と多い(ヌスビトハギは3枚)ので、調べてみるとフジカンゾウだと判明した。花がフジに似ていて、葉がカンゾウに似ていることからこの名前がついたらしい。草全体もヌスビトハギより大きい。
a0342569_15550401.jpg
a0342569_15552638.jpg
a0342569_15551532.jpg
(Data: 20170827; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_15553872.jpg
(Data: 20170915; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-09-15 15:59 | 植物 | Comments(0)
2017年 08月 26日

サルスベリ・・・


 時鳥庵の入り口の脇にサルスベリの花が咲いている。それは2011年10月2日に、ちょうどタガメの採集調査に来ていた学生たちが植樹してくれたものだ。当時1mほどだっただろうか、今は5mはあるだろう。6年でこれだけ大きくなりたくさんの花を咲かせるようになった。これまでは剪定などは何もしていなかったが、ここまで大きくなってくると剪定も考えないと大きくなりすぎてしまいそうだ。
a0342569_07590924.jpg
a0342569_07592018.jpg
a0342569_07593284.jpg
(Data: 20170825; X-E2; XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS)


by jichouan | 2017-08-26 08:02 | 植物 | Comments(0)