時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

カテゴリ:未設定( 16 )


2018年 10月 13日

困ったネコ・・・


 昨日のことだ。家内が友人を迎えに車を出そうとした時、若いオスのネコが車のそばで鳴いていた。そのネコは家内を見ても逃げようとしなかったので、家内は庵主を呼んだ。庵主が行くと、そのネコは庵主に寄って来て足にスリスリしたのだ。明らかに人に飼われていたネコである。時鳥庵にはよく野良ネコが来るが、それらはどれも人を見ると逃げるのだ。
 このネコ、黒どらで、毛並みも悪くないし、かなり若い。去年生まれたのではないかと推定している。おなかをすかせているように見えたし、家内から離れないので、ミルクを与え、それを飲んでいるすきに車を出すことにした。案の定、そのネコはミルクをむさぼるように飲んだ。そのすきに家内は無事車を出すことができた。ネコはミルクを飲み終えるとおかわりを要求したので、仕方なく追加のミルクを与え、庵主は庵の中に入った。1時間ほど読書などをして、外の様子を見に出ると、ミルクを少し残してネコの姿は消えており、庵の周りを調べてもその姿は見えなかった。その後30分ほどして庵主は草刈に出たのだが、その時にもネコの姿は見えなかったが、ミルクはきれいになくなっていた。そして2時間ほどで草刈を終え、庵に戻ると、家内が友人と戻っていたのだが、ネコがおなかをすかせているようだったので、餌を与えたという。かつぶしご飯にミルクをかけたもだという。それをペロッと食べたというのだ。餌を与えてしまうと飼わなければならないことになるかもしれないのに。困ったものだ。
 庵主はけっしてネコが嫌いではない。昨年末、老描ファルコンの呪縛が解けたばかりなのだ。生き物がいると活動がどうしても制約される。それが困るのだ。と言いながらこのネコの名前を考えているのだから、さらに困ったものだ。名前は「ノボル」にした。村上春樹氏の「ねじまき鳥クロニクル」に出てくるネコの名前をいただいたのだ。正確には「ワタヤ・ノボル」なのだが・・・。さてこのネコはどこかから来て迷子になったのだろうか?捨てられたのだろうか?
a0342569_13290028.jpg
a0342569_13291184.jpg
a0342569_13292381.jpg
a0342569_13293566.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 30mm F3.5 Macro)


by jichouan | 2018-10-13 13:33 | 未設定 | Comments(0)
2018年 10月 05日

時鳥庵に戻る・・・


 庵主は結局、予定より一日遅れで、今日(10月5日)時鳥庵に戻ってきた。ざっと見た所、台風24号による被害はほとんど確認できなかったので、安心した。特に、温室の窓は開け放していたので心配していたのだが、それも特に何もなかった。水やりも滞っていたのだが、寒蘭などはやはり乾燥には強いようだ。
 ただ、今年は寒蘭の花芽のあがりは早いようだ。早く咲くと紅花や桃花の色はあまり期待できない。さて、どうなるか・・・。

by jichouan | 2018-10-05 19:27 | 未設定 | Comments(0)
2018年 10月 03日

台風の後始末・・・


 ここの所10日ほど台風の後始末で大阪に行っていた。9月4日に近畿地方に上陸した台風21号は、久々の強い勢力での上陸で、結構な被害を残した。庵主は大阪にも築80年ほどの古い木造家屋を所有しているのだが、やはり多少の被害があって、その後始末のために大阪に行ってきたのだ。補修のための電気屋さんや大工さんはどこも大忙しで、すぐには対応してもらえず、2・3日の予定がついずるずると延びてしまったのだ。電気関係は何とかなったが、屋根瓦の損傷は、瓦が無いために応急処置にとどめた。もっともほんの数枚が割れただけだったが。
 そんなさなか、今度は強い勢力の台風24号がまた近畿に接近しているというので、それをやり過ごしてから帰ることにしたのだ。また何か被害があった場合、また大阪まで、ということになると面倒なことになるからだ。その台風24号は結局9月30日に和歌山県に上陸し、進行方向の左側に位置した大阪ではそれほど風雨は強くならず、我が家も被害はなかった。
 そんなことで東京に戻ってきたのだが、今度は時鳥庵の状況が心配だ。何号か忘れたが8月の台風でスギの木が一本折れ、坂道をふさいでしまい、ちょっと困ったことがあったのだ。今回の24号は明らかにそのときより強い勢力で東日本の近くを通過しているので、さてどうなっただろうか。明日、時鳥庵に帰ろうと思っている。

by jichouan | 2018-10-03 17:05 | 未設定 | Comments(0)
2018年 03月 23日

?アリタケ・・・


 温室横で死んだトゲアリにキノコらしいものが生えているのを見つけた。いわゆる冬虫夏草と呼ばれる子のう菌のなかまだろうか?庵主にはよくわからない。胸部の側面から左右に1対と、頭部と胸部の間から背面に1本の合計3本出ている。調べてみるとアリタケというのがあったが、それかどうかは不明だ。
 とりあえず角度を変え数カット撮影してみた。画像はそれぞれ16~20枚ずつフォーカスブラケット撮影し、Photoshop で深度合成した。
a0342569_16453431.jpg
a0342569_16454719.jpg
a0342569_16460014.jpg
a0342569_16461074.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


by jichouan | 2018-03-23 16:49 | 未設定 | Comments(0)
2018年 03月 23日

やっと時鳥庵に戻りました・・・


 今年はちょっと遅くなりましたがやっと時鳥庵に戻りました。結構長い越冬生活でした。まだあまり昆虫は活動していませんが、もうすでにオオミスミソウは咲いているし(既に咲き終わった株もある)、スミレも一部咲き出したところです。このブログもこれからはある程度は頻繁に更新できると思います。よろしくお願いします。

by jichouan | 2018-03-23 16:43 | 未設定 | Comments(0)
2018年 01月 11日

ちょっと遅くなりましたが・・・


 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
 庵主は定年退職してから、年賀状という時間的にも経済的にも負担の多い習慣をやめることに致しました。それでも毎年多くの方々から、年始のご挨拶をお送りいただき誠にもって恐縮している次第です。どうか、この不精な庵主をお許しください。
 庵主は今越冬中ですので、このブログもそうそう頻繁には更新致しませんが、3月の後半からは越冬も覚め、通常の更新をする予定ですので、よろしくご訪問のほどお願い申し上げます。今年は、昨年暮れに老猫が旅立ったこともあり、かなり時間的に余裕ができるはずですので、このブログもさらなる充実を目指すつもりでおります。これまで庵主の活動は老猫の世話でかなり束縛されていたわけで、それから解放されたということです。ちょっと寂しいですが・・・。
 そんなわけで、今年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。写真は時鳥庵から見た冬の夕日です。冬は樹の葉も落ち、遠くまで見渡すことができるようになります。毎日、夕日がきれいです。
a0342569_19353156.jpg


by jichouan | 2018-01-11 19:37 | 未設定 | Comments(0)
2017年 12月 07日

庵主は越冬に入りました・・・


 12月に入り、かなり寒くなってきたので庵主は越冬態勢に入りました。昨年と同じく住居を栃木から世田谷に移しました。昆虫類もほとんどが活動を停止したため、山の中ではあまりやることもなくなってしまいました。このブログも越冬中は少し間隔が空き気味になると思いますが、ときどき更新はする予定です。
 ちょっと失敗してしまったのは、世田谷に来る直前に撮影した寒蘭の花の画像が入ったメモリーカードを置き忘れてきたことです。世田谷で「寒蘭2017」の更新をしようと思っていたのに・・・。とはいっても、越冬中も何回かは時鳥庵に行かなければなりません。植物の水やりもあるし、果樹の剪定(これが結構大変なんです)もしなければならないからです。その時に忘れずに持ってきて更新しようと思います。ちょっと時期的にずれてしまいますが、お許しを・・・

by jichouan | 2017-12-07 17:45 | 未設定 | Comments(3)
2017年 09月 18日

アザミの花とホソヒラタアブ・・・


 アザミはノハラアザミだろうか。この季節にはごく普通に見られる光景だが・・・
a0342569_09335014.jpg
(Data: 20170916; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-09-18 10:06 | 未設定 | Comments(0)
2017年 09月 06日

熟したゴーヤの赤い種子・・・


a0342569_17391535.jpg
 ゴーヤはキュウリなどと違って、収穫が遅れてしまうとすぐに熟してしまう。また、収穫したものもそのまま置いておくと日持ちせず、やはりすぐに熟して黄色くなりとろけてしまう。この、熟したゴーヤの種子は赤いヌルヌルしたもので覆われ、ちょっと見無気味にすら見える。ところが、この赤いヌルヌル食べてみると結構甘いのだ。これは種子を動物に食べさせ、遠くに運んでもらうための戦略なのだろうか。
 また、ゴーヤが熟すのとこの種子とは何か関連があるらしく、収穫後種子を取り除いてから保存すると、そうしなかった場合より長持ちするのだ。庵主はたくさん収穫した時、スライスしたものをタッパなどに入れ冷蔵庫で保管することにしている。そうすると少なくとも3~4日はほとんど劣化しないのだ。もっと長く保存できるかもしれないが、試したことはない。

by jichouan | 2017-09-06 17:40 | 未設定 | Comments(0)
2017年 01月 05日

新年を迎えて・・・


 皆さん、明けましておめでとうございます
 今年もどうかよろしくお願いします。
 昨年は4月から時鳥庵において新たな生活をスタートさせました。それまでのスケジュールに追われる生活とは異なる、自由気ままな生活を送ることができました。その日のことはその朝起きてから何をするか考える生活です。たった一つの決め事は、少なくとも週一度はこのブログを更新するというものです。その目標に関しては、これまでの所十分達成できました。今年も精進したいと思いますので、よろしくお願いします。ただし、4月までは世田谷で越冬中のため少し滞るかもしれません。

by jichouan | 2017-01-05 14:26 | 未設定 | Comments(0)