時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2018年 11月 10日

ヤマノイモのむかご・・・


 時鳥庵とその周辺にはヤマノイモがたくさんある。掘ればイモが採れるのだが、かなり深くまで掘らなければならず、大変なので掘ったことはないし、掘る予定もない。そのヤマノイモの蔓にはこの時期、「むかご」が付く。このむかごは、イモと違って簡単に採れる。実はこのむかごもイモに負けず結構おいしいのだ。
a0342569_17112897.jpg
a0342569_17113951.jpg
採取したむかご。小さいのはエンドウ豆くらいの大きさ。

 このむかご、どうやって食べるかというと、もっとも簡単なのは、そのままフライパンで炒って、塩をふれば食べられる。庵主が最も気に入っているのは「むかごご飯」だ。作り方はいたって簡単。「エンドウご飯」を炊く要領で、エンドウ豆の代わりにむかごを入れるだけだ。つまり、普通にご飯を炊く要領でといだ米と水を炊飯器にセットし、そこにむかごを適量ほうり込み、後はスイッチを押すだけだ。少し塩を加えておくのを忘れずに。好みによって「かつおだしの素」を使ってもよい。
a0342569_17121145.jpg
むかごご飯。むかごがほくほくしておいしい

 他の料理にも使える。やったことはないがかき揚げなどてんぷらにも使えると思う。
a0342569_17115411.jpg
ジャガイモ、むかご、ベーコンの炒めもの

 これも作り方は簡単。むかごと短冊に切ったジャガイモは、あらかじめ電子レンジに10分ほどかけて柔らかくしておく。それをフライパンに移し、適当な大きさに切ったベーコン(厚切りでも薄切りでもどちらでも良い)を加え炒める。ジャガイモにうっすらこげ目がつけば、バターを適量入れ、全体になじんだら出来上がり。ベーコンとバターの塩味があるので、そのままで食べてもよいし、物足りなければ少し塩をふる。

by jichouan | 2018-11-10 17:15 | 料理 | Comments(0)


<< 寒蘭2018(その5、無銘青更紗)      寒蘭2018(その4、若の花) >>