時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2018年 11月 03日

干し柿・・・


 前にも書いたように、今年はカキがたくさんできた。特に大きな渋柿は300個以上、おそらく400個は実をつけたのだ。皆さんが干し柿にするというので差し上げたのだが、それでもたくさんあまった。それで時鳥庵でも干し柿を作ることにした。初めての経験だ。
 その干し柿の作り方だが、人に聞いたり、ネットで調べたりしたのだが、いろんな作り方があった。柿の皮をむくまでは、ほとんど違わないのだが、その後熱湯に5-10秒ほどくぐらせ殺菌するというのがもっとも多かった。焼酎を吹きかけて殺菌するというのもあった。殺菌することによってカビが生えるのを防ぐという。また、殺菌などせずにそのまま干しているという人もいた。
 時鳥庵では半分は熱湯で殺菌し、残りは殺菌せずにそのままつるした。その結果はほとんど変わらなかった。つるして約2週間、全体が柔らかくなりほぼ干し柿はできたのだ。90個ある。ひとつ食べてみたら、めっぽう甘い。さて、こんなにいっぱいの干し柿、どうしようか?冷蔵や冷凍でほかんできるというのだが・・・。
a0342569_17291750.jpg
雨が当らぬよう、庵の軒下に干した

a0342569_17293019.jpg
出来上がった干し柿



by jichouan | 2018-11-03 17:31 | 田舎暮らし | Comments(0)


<< 寒蘭2018(その3、赤富士)      寒蘭2018(その2、月姫) >>