時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2017年 09月 01日

ヤマクダマキモドキ・・・


 ここのところヤマクダマキモドキをよく見る。ときには窓の灯りに結構な数が集まるが、そのすべてはオスだ。前腿節が赤みを帯びているので近縁種のサトクダマキモドキと区別できる。この辺に棲むツユムシの仲間ではもっとも大きい。
 分布を調べると「山形県、栃木県、茨城県以南」とあるので、ここは北限に近いのだろう。「タッタッタ・・・」とか「チッチッチ・・・」と聞こえるように鳴くらしいが、あまり意識して聞いたことはない。というより聞いているのだろうが、庵主にはどれがこの虫の鳴き声なのか分からない。ここではいろんな昆虫の鳴き声が聞こえるのだ。
a0342569_20231488.jpg
a0342569_20232902.jpg
a0342569_20234301.jpg
a0342569_20235808.jpg
(Data: 20170831; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

 ちなみにキリギリス科は最近では細分され、ツユムシの仲間はツユムシ科に入れられている。庵主は以前のままキリギリス科としているが、実際のところはどちらが良いのかはよく分からない。

by jichouan | 2017-09-01 20:34 | 昆虫 | Comments(0)


<< ヤスマツトビナナフシ・・・      ムネアカアリバチ・・・ >>