時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2016年 11月 04日

ウラギンシジミ....


 秋も深くなって昆虫もめっきり少なくなった。それでも時鳥庵の日だまりで待っているといろんな昆虫が姿を現す。ウラギンシジミもよくやってくるのだが、なぜかメスばかりだ。翅の裏面が白く輝き、銀色に見える(一番最後の写真)のでこの名前がついたのだ。普通オスを多く見かけ、メスはそれほど目につかないのだが・・・。メスの翅の表面は褐色の地に白い斑紋がある。
a0342569_16160919.jpg
a0342569_16161836.jpg

 オスでは褐色の地にオレンジ色の鮮やかな斑紋がある。オスは夏に撮影したものだ。
a0342569_16162960.jpg
a0342569_16164624.jpg
 幼虫はマメ科のクズの花を食べてそだつ。どこにでもいるなじみ深いチョウだが、結構美しいので好きだ。

 その後11月6日にオスが現れたので写真を追加しておく。夏に写したオスと少し違う。いわゆる秋型で、翅が少し角ばっている。(11月6日追記)
a0342569_12320944.jpg


by jichouan | 2016-11-04 16:19 | 昆虫 | Comments(0)


<< 柚子胡椒....      寒蘭2016(その2) >>