時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2016年 09月 15日

ムシヒキアブ2016(その6)

 ヒメキンイシアブ。時鳥庵の林の中の日だまりなどで時折見かける。決して少なくはないのだが、多くもない。
a0342569_11085948.jpg
a0342569_11092070.jpg

 トゲツヤイシアブ(=トゲツヤヘラクチイシアブ)と思われる種。(虫の棲む星の中山恒友さんに同定していただいた結果この種はムラサキクチブトイシアブ Orthogonis nitididorsalis Togawa, 2006だということが判明した。記録上は京都と愛媛から知られており、栃木県からは初記録らしい。中山さんありがとうございました。9月21・30日追記)ヒメキンイシアブより大型で、翅がやや濃色。何といっても体につやがあり、弱い青色の金属光沢があって美しい。一見して他種と区別できたが、似た種類もいるのでこの種名は暫定的なものだ。今年は2個体に遭遇したが、撮影したのは8月4日に見つけた1個体目。2個体目は8月26日に見つけたのだが、それは採集した。
a0342569_11093668.jpg
a0342569_11095102.jpg

 採集した個体の写真も貼っておく。腿節はちょっと野外撮影した個体より細く、気になるがそれ以外の特徴はよく一致する。(雌雄の違いのようです。9月21日追記)いずれ専門家に同定していただこうと思っている。(9月19日に中山恒友さんに同定していただきました。9月21日追記)
a0342569_11100680.jpg
a0342569_11102036.jpg


by jichouan | 2016-09-15 11:12 | 昆虫 | Comments(0)


<< ササキリ....      ツルリンドウ.... >>