人気ブログランキング |

時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2019年 08月 17日

ムシヒキアブ2019(ムラサキクチブトイシアブ)


 毎年少しずつ発生しているムラサキクチブトイシアブが今年も撮影と採集ができた。
a0342569_21202394.jpg
a0342569_21204209.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_21205484.jpg
a0342569_21213200.jpg
a0342569_21214443.jpg
a0342569_21210868.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 300mm F4.0 IS Pro)


# by jichouan | 2019-08-17 21:27 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 08月 03日

ムシヒキアブ2019(サキグロムシヒキの交尾)


 奥日光でサキグロムシヒキと思われるペアが交尾しているのを観察した。面白いのはオスがメスの背に乗って交尾していることだ。この仲間の交尾は互いに逆方向を向き交尾するのが普通なのでちょっと違和感を感じた。この種は常にこのような交尾姿勢をとるのだろうか?この種の交尾を見たのは初めてなので、庵主には分からない。
 また、良く見ると背中のオスは前脚でメスの目(複眼)を覆っている。何となく「だーれだ」と声を発しているようで、ちょっと愉快に見えた。
a0342569_17270741.jpg
a0342569_17273157.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 300mm F4.0 IS Pro)


# by jichouan | 2019-08-03 17:29 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 07月 31日

ヤマユリとオニユリ・・・


 時鳥庵でもやっとヤマユリが咲きだした。ちょっと遅いような気がする。ところで、このヤマユリ、ここ数年でずいぶん減ってしまった。時鳥庵の庭にも結構あったのだが、今はもうわずかに残っているだけだ。まわりの里山林でも似たようなものだ。どうして減ったかというと、人が持っていくこともあるが、そんなものは知れている。一番の原因はイノシシによる食害だ。イノシシはヤマユリの鱗茎が好物なのだ。時鳥庵から無くなったヤマユリはすべてイノシシに食べられてしまったのだ。
 もっと深刻なのはオニユリだ。もともと少なかったが、ここのところ全く見なくなった。画像のオニユリは時鳥庵から500mほどのところにあったのだが、今はない。3年前(2016年)に撮影したのだが、それが最後だった。どこかに生き残っていると良いのだが・・・。
a0342569_11185601.jpg
ヤマユリ

a0342569_11190767.jpg
オニユリ

(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


# by jichouan | 2019-07-31 11:20 | 植物 | Comments(0)
2019年 07月 24日

アザミウマ(その14、Aleurodothrips fasciapennis)


 Aleurodothrips fasciapennis (Franklin)(クダアザミウマ科クダアザミウマ亜科)はダニ類やコナジラミ類を捕食することで知られる食肉性のクダアザミウマだ。やや食性の広い食肉性なのでいろんな種類の植物上で見られ、かえって探しにくい。熱帯・亜熱帯を中心に世界に広く分布しているが、タイやベトナムあたりの調査ではタケ類の葉上でかなり多く見られた。日本ではこれまで、九州や南西諸島あたりでときどき採集されていたが、最近では多くはないが本州でも見つかるようになった。関東では三浦半島で1例の採集例(未発表)があったが、今年に入りすでに2匹のメスを三浦半島と多摩川の東京都側の河原で見つけている。これから結構増えるのかもしれない。
 体の色彩や形がちょっと変わっていて、淡褐色で腹部第2-4節の両側に乳色斑があり、第5-7節が暗褐色をしている。さらに、その暗褐色の部分がやや膨れた形をしていて、これはある種のアリに擬態しているのかもしれない。また、動き回っている間、触角を細かく振るわせる習性がある。また、クダアザミウマでは珍しく、前翅に暗色の帯があり、その帯は翅をたたんだ時、腹部の暗褐色帯に重なるのだ。長翅型のみが知られる。
a0342569_12075343.jpg
a0342569_12080150.jpg
a0342569_12081005.jpg
多摩川の河原で、イネ科の雑草上で見つけたメス。体長約1.2mm。

a0342569_12074443.jpg
a0342569_12082154.jpg
三浦半島で、アズマネザサの葉上で見つけたメス。体長約1.4mm。

(80D; MP-E 65mm F.2.8 Macro Photo)


# by jichouan | 2019-07-24 12:09 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 07月 20日

ガガンボモドキの一種・・・


 時鳥庵の温室横でぶらぶらしていると、下草の葉裏から時々ひらひら飛んではまた他の葉裏にとまるガガンボに似た昆虫によく出会う。とまる時は必ず前脚と中脚で葉や蔓などにぶら下がるようにとまるのだ。面白いのはその頭部の形で、前方に長く伸びてその先端に口器がある。これはシリアゲムシのそれによく似ている。
 この昆虫はシリアゲムシと同じ長翅目(=シリアゲムシ目)に所属するガガンボモドキの一種だ。脚が長く一見ガガンボのようにも見えるが立派な翅が4枚ある。ガガンボは双翅目(=ハエ目)なので翅は2枚だ。このガガンボモドキ、交尾行動がかなり面白いらしいのだが、まだそこまでは観察していない。個体数は多いのでその内観察してみたいと思っている。
a0342569_09145763.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_09150632.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-07-20 09:16 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 07月 18日

オオヒラタエンマムシ・・・


 6月末に時鳥庵のコナラの幹でオオヒラタエンマムシを見つけた。平べったい体に漆塗りのような黒い光沢を持った、6~8mmほどの甲虫だ。それほど多くはないと思う。私も久しぶりに見たのだ。ところがその後、そのコナラから5mほど離れた所にあるフジの伐採木に複数が付いているのを見つけた。多い時は5~6匹。少なくても2~3匹。これは同じ個体がずっといるのかもしれないのでつまんでおいた。それでもやはり翌日か翌々日にはまた2~3匹がいるのだ。それもつまんでおく。それでもまたいる。これを繰り返している間に結構な数が集まってしまった。
 なぜこの木だけに集まるんだろう。エンマムシの多くはハエの幼虫などを食べる食肉性だという。そこで気が付いたのだが、このフジの伐採木に春先からあるハエ目の昆虫が常に集まっていたのだ。今も結構いる。それはモモブトホソバエ科のクロフトモモホソバエだ。ひょっとするとこのハエの幼虫を食べに集まっているのかもしれない。
a0342569_20200448.jpg
a0342569_20201670.jpg
a0342569_20202676.jpg
a0342569_20204205.jpg
オオヒラタエンマムシ


a0342569_20210454.jpg
フジ伐採木上で交尾するクロフトモモホソバエ

(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-07-18 20:24 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 07月 09日

アカマダラハナムグリ・・・


 時鳥庵で夜クヌギの樹液を見回っていたらアカマダラハナムグリがいた。我が町内では2匹目になる。1匹目は10数年前で、時鳥庵からはちょっと離れたところのコナラの樹液に昼間来ていた。時鳥庵の庭からはこれが初めてだ。山梨県あたりでは多産するようだが、栃木県ではそれほど多くなく、県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されている。幼虫はハチクマなど猛禽類の巣で育つというのだが、この辺りではオオタカとサシバが多い。彼らの巣にいるのだろうか?
a0342569_07271742.jpg
a0342569_07273255.jpg
a0342569_07274695.jpg
a0342569_07280138.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2019-07-09 07:29 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 07月 02日

アトコブゴミムシダマシ・・・


 奥日光で立ち枯れの表面に鎮座していた。あまり多くはないが、奥日光では時々出会う。この変な格好の甲虫を見ると思いだすのは、かれこれ20年ほど前になるだろうか。山梨県の金山平へ学生とともに野外実習に出かけた時のことだ。昆虫の調査は初めてという一人の男子学生が「装甲車のような甲虫を採りました!」というのを聞いて、すぐにアトコブゴミムシダマシではないかと思ったものだ。はたしてそれは大当たりだった。種を明かすと、それまでも仲間内では良くこの甲虫のことを「装甲車」と呼んでいたのだ。本当に面白い形をしている。
a0342569_08311528.jpg
a0342569_08312586.jpg
a0342569_08313796.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-07-02 08:32 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 28日

イワタシギクサアブ・・・


 毎年6月中旬になると時鳥庵の温室横にちょっと珍しいアブが現れる(その年の気候により初見日には多少のずれがある)。クサアブ科のイワタシギクサアブだろうと思っているが、所属するDialysis属の分類はまだ検討が必要との意見もあるようだ。それほど多くはないがこの時期なら探せば必ず見つかる程度はいるので、少なくもないようだ。中山恒友さんの虫の棲む星によれば、栃木県からは4種のクサアブが記録されているらしく、どれも稀らしい。その内1種はネグロクサアブで、それはすでに報告した(その記事はこちら)。
 草の葉の上に静止しているのを探すのだが、案外敏捷で、近づくと飛び立ってしまうことが多い。6月も後半になると交尾をしているカップルも見かけるようになる。また、7月に入ると急激にその数を減らせてしまう。出現期が短いのだ。脚の色彩には多少の変異があるようで、特にメスでは暗化の傾向があるようだ。
a0342569_12213820.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )
a0342569_12215693.jpg
a0342569_12221109.jpg
メス。メスの複眼間はやや離れる。

a0342569_12222450.jpg
a0342569_12224037.jpg
オス。オスの複眼間は接近する。

a0342569_12225475.jpg
交尾。左がメス。

(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-06-28 12:24 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 21日

ムシヒキアブ2019(アシナガムシヒキ)


 時鳥庵とその周辺から15種目になるアシナガムシヒキを見つけた。1年ぶりの記録更新になる。右後脚の付節が欠けているのは愛嬌か。この小さな町に15種もいるんだなあ、と思うと何となくうれしくなってくる。後1種確実にホソムシヒキの仲間がいる。マレーズトラップなどで採集されているのだが、写真もなく、同定もされていないので保留にしてあるのだ。
a0342569_12295774.jpg
a0342569_12301399.jpg
a0342569_12302537.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_12303849.jpg
a0342569_12305270.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-06-21 12:35 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 14日

ゴマダラオトシブミ・・・


 ゴマダラオトシブミがシラカシの柔らかい新葉を巻いて揺籃を作っていた。クリやクヌギ、コナラの葉を巻いているのは良く見かけるがシラカシの葉を巻いているのは初めて見た。写した画像を整理していて気付いたのだが、できつつある揺籃に何やら小さなハチのようなものが来ているのだ。撮影中は全く気付かなかった。おそらくコバチの仲間で、卵寄生蜂だろうと思う。オトシブミの仲間は親が作った揺籃の中でぬくぬくと育ちそうに思えるが、その前に卵に捕食寄生する小さなハチの脅威にさらされるのだ。
a0342569_09492845.jpg
a0342569_09493988.jpg
a0342569_09494797.jpg
a0342569_09495736.jpg
a0342569_09500866.jpg
a0342569_09501999.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2019-06-14 09:51 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 11日

アザミウマ(その13、Nesothrips brevicollis)


 Nesothrips brevicollis (Bagnall) (クダアザミウマ科オオアザミウマ亜科)は本州以南に生息し、主にイネ科植物の枯れ葉に生息するが、樹木の枯れ葉や枯れ枝などにも見られることがある。食菌性だ。体長は1.3-1.7mmほどで、ちょっと幅広で、がっしりした体形をしている。通常は短翅型で、小笠原諸島からは長翅型のメスが得られている。面白いことに、この長翅型のメスは留翅刺毛が発達せず、それによって同所に生息する近縁種N. minorと区別できる。そのことにより一旦N. minor のシノニム(同物異名)にされていたのが復活した経緯がある。ただ、この小笠原の個体群が日本本土や南西諸島にいる個体群と同種であるか別種であるかはさらなる検討の余地がある。また、ごく稀に無翅型のメスも現れる。画像はすべてメスで、ちょっと良く見えないが、ごく小さな翅を備えた短翅型だ。
a0342569_09201462.jpg
(7DMarkII; MP-E 65mm F.2.8 Macro Photo)
a0342569_09202549.jpg
a0342569_09203393.jpg
a0342569_09204007.jpg
a0342569_09205294.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS+MSN-202)


# by jichouan | 2019-06-11 09:22 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 06日

ウラゴマダラシジミ・・・


 時鳥庵からゼフィルスと呼ばれるシジミチョウはこれまでウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、オオミドリシジミの3種の画像が本ブログにアップされている。今回は4種目になるウラゴマダラシジミだ。幼虫はイボタの葉を食べて育ち成虫はちょうど今頃、栗の花が咲くころに出現する。年1回の発生で、卵で越冬するのは他のゼフィルスと同じだ。時鳥庵には他にアカシジミがいるのだが画像はまだ得ていない。
a0342569_19483953.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2019-06-06 19:49 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 06月 05日

アカスジキンカメムシ・・・


 アカスジキンカメムシが羽化していた。羽化中・羽化直後はきれいな黄色なんですね。きれいなカメムシで、臭いもそれほど不快ではないし、普通にいるがいい虫だと思う。拡大すると金属光沢を持った輪状の斑紋を持っている。羽化
a0342569_19171521.jpg
a0342569_19173064.jpg
a0342569_19174358.jpg
a0342569_19175566.jpg
a0342569_19180740.jpg
a0342569_19181915.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_19182955.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-06-05 19:20 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 26日

ネグロクサアブ・・・


 ネグロクサアブは太めの体に小さな頭という、見るからに珍奇な昆虫だ。北海道から九州まで広く分布しているが、産地はやや局地的で、どの産地でも個体数は少ない。おまけにその出現時期も短い傾向にあるようだ。また、その生態もよく分かっていないらしい。庵主は以前からこの珍しい昆虫が時鳥庵の周辺にいないか、毎年5・6月にはそこらを歩きまわりずっと探索していた。それが、先週(正確には5月22日)ムカシヤンマの繁殖地を見に行った時のことだ。午前11時頃、その繁殖地から20mくらいのところで突然足もとで鈍重な羽音が聞こえたので見ると、何と大きなネグロクサアブのメスであった。突然の邂逅だった。そのメスは落ち着きが無く、しばらくまわりのシダなどの上にとまったかと思うと地面に降り、少しうろついてはまたシダの上まで飛ぶ、そしてまた地面に降りるというありさま。何とか写真を撮ることはできたが、記録用に採集しようとすると、殺気に気付いたか鈍重な羽音を残して飛び去ってしまったのだ。何とも悔しかった。
a0342569_16270502.jpg
a0342569_16271630.jpg
a0342569_16272762.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 その行動を見ていて、地面に降りるのは産卵のためではないかと思いあたり、もしここが産卵場なら待っているとまた来る可能性があるのではないか、と思いいたり、その後も日当たりのよい午前中、そこで待ってみることにした。その結果新たに2個体を確認できたのだ。5月25日は、突然シダの間から現れそのまま飛び去ったのを目撃したのに終わったが、5月26日は9時半ごろ路上に飛来し、しばらく落ち着きなく歩き回っていた。やはり産卵場所を探しているように見えた。この2例とも5月22日に見つけた位置から2mと離れていなかったことも興味深い。撮影後、記録のために採集させてもらったのは言うまでもない。ただ、こうなると次はオスの発見だ。これはちょっとハードルが高いかもしれない。オスはさらに少ないと聞いている。
a0342569_16273757.jpg
a0342569_16274998.jpg
a0342569_16280451.jpg
a0342569_16281466.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_16282694.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-05-26 16:33 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 25日

フチグロヤツボシカミキリ・・・


 時鳥庵の近くの伐採地で、ホオノキのひこばえがあり、フチグロヤツボシカミキリがいっぱい来ていた。時鳥庵のホオノキにもたまにいるが、こんなにたくさん一度に見たのは初めてだ。しかもひこばえの葉だからいる位置が低い。簡単に手でつまめるし、一生分の写真も撮れた。たまにはこんなことがあってもよい。ただ、近くには似たようなホオノキのひこばえがいくつかあったが、それらには全く来ていなかった。さらに、数日でまったく見られなくなった。
 それほど珍しいカミキリではないが、美しいのでそれなりに人気があるのではないだろうか。
a0342569_08155723.jpg
a0342569_08162700.jpg
a0342569_08165404.jpg
a0342569_08170734.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)
a0342569_08172123.jpg
a0342569_08173346.jpg
a0342569_08174599.jpg
a0342569_08175869.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2019-05-25 08:19 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 18日

ヒゲブトハナムグリ・・・

 ヒゲブトハナムグリはちょっと変わったコガネムシで、ヒゲブトハナムグリ科に所属している。4-6月に出現し、地面近くを良く飛び回り、その分布はちょっと局地的だ。時鳥庵の周辺でもいるかもしれないと以前から探していたが見つからず、諦めていたのだが、5月16日に時鳥庵から1kmも離れていないところで発見した。草の葉の先端にとまるオスを1匹見つけたのだ。庵主にとっては貴重な記録になるし、この地域からの記録があるのかどうかも分からないので、撮影後記録を残すために採集しようと思っていた。ところが、いざ採ろうとした時、それまでおとなしくとまっていたのが、突然飛んで逃げてしまった。これはちょっと悔しかったので、翌17日再び同地に赴き探してみたのだ。個体数は少なく、ちょっと苦労したが、2時間かけてなんとか4匹のオスを見つけることができた。そうなると今度はメスも探したくなる。またしばらく通うことになるか。やれやれ・・・。
a0342569_19563614.jpg
a0342569_19564911.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_19570334.jpg
a0342569_19571407.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-05-18 19:58 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 15日

コシアブラのかき揚げ・・・


 毎年、春の味覚として楽しんでいるのはコシアブラの新芽のてんぷらだ。葉が展開するかしない頃にてんぷらにする。風味豊かで、同じウコギ科のタラの芽よりもたいそうおいしい。ただ、難点はこの「葉が展開するかしない頃」で、これは年によって時期がずれる。毎年、時鳥庵ではGW明けなのだが、今年は早くGW前だった。さらに、すぐに大きく展開してしまうので、食べごろは1週間くらいの短い期間なのだ。
 ここのところ大きく展開したコシアブラの葉を見て、これも食べれないものかと思っていたのだが、かき揚げにしてみたらどうだろうと思いいたった。タラのような棘は無いのだ。
a0342569_09573708.jpg
大きく展開したコシアブラの葉

a0342569_09575000.jpg
ざく切りにする

a0342569_09580406.jpg
それに小麦粉をまぶす

a0342569_09581852.jpg
小麦粉と卵を軽くといてからめる

a0342569_09583030.jpg
そして揚げる

a0342569_09584448.jpg
出来上がり


 その結果は、たいそうおいしかった(個人の感想であり、品質を保証するものではありません!)。風味も十分あることが分かった。季節が進むと葉はさらに成長し、やや硬くなるかもしれない。それでも食べることができるか、今年は挑戦しようと思っている。もし、食べれるならしばらくの間、この風味豊かな山菜をときどき楽しむことができるのだ。その結果はまた報告しよう。時鳥庵にはコシアブラは多い。

# by jichouan | 2019-05-15 10:01 | 料理 | Comments(0)
2019年 05月 08日

アザミウマ(その12、Bactrothrips flectoventris)


 Bactrothrips flectoventris Haga & Okajima(クダアザミウマ科オオアザミウマ亜科)はやはり関東以西に生息し、アラカシやアカガシの枯れ葉に生息する。今回も三浦半島でアカガシの枯れ葉から見つけたが、ちょっとした集団を作っていた。本種は複眼が腹面で大きく後方に膨らんでいることで同属の他種と容易に区別できる。また、枯れ葉上で体をJ字型(または逆J字型)に曲げているのも特異だ。はじめこの姿勢が本種の静止状態と考えていたが、どうもそうではないらしい。J字型に体を曲げた個体を、何の刺激も与えないようにそっと放置しておくと、この体形をとき、真っすぐになり始めるのだ。普段はまっすぐの姿勢で、何らかの刺激を受けると即座に体を曲げるのではないかと思っている。体長4-5mm。
 ところで、庵主は10数年前まで三浦半島を調査地の1つとして何10回も調査を繰り返してきたのだが、そのころは本種を一度として見ることはなかった。しかし今では、アカガシの枯れ葉に普通に見られる。つまり最近になって分布を広げたとしか思えない。さらに、この種が発見された関西では(確か最初の発見は明石だったと思う)アラカシの枯れ葉から近縁種B. carbonariusと同時に見つかることが多いのだが、今のところB. carbonariusは関東では見つかっていない。
a0342569_18391692.jpg
見つけたB. flectoventrisの集団。どの個体も体をJ字型に曲げている。

a0342569_18390815.jpg
刺激を与えないようにしばらく放置すると体を伸ばし始めた。この後、ちょっと枯れ葉をゆするなど刺激を与えると、また体を折り曲げるのだった。

(7DMarkII; Macro EFS35mm F.2.8 IS STM)
a0342569_18392339.jpg
メスと2齢幼虫。体を曲げる方向は決まっていないようだ。

a0342569_18393702.jpg
a0342569_18394809.jpg
上がメスで、下がオス。腹部に赤い斑紋はほとんど無く、オスの角状突起は黒い。

a0342569_18395779.jpg
頭部背面。本種の頭部はB. honorisなど同属他種の頭部よりかなり短い。

a0342569_18400712.jpg
頭部腹面。背面に比べると複眼が後方に膨らんでいる。

(7DMarkII; MP-E 65mm F.2.8 Macro Photo)


# by jichouan | 2019-05-08 18:42 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 05月 02日

キムネクマバチ・・・


 時鳥庵の窓辺に幾株かのヤマツツジが花をつけている。植栽したものではなく、もともと自生していたものだ。最初来た時には僅かしか花をつけていなかったが、日当たりが良くなったからか最近は結構花をつけて楽しませてくれる。園芸品種のようにそれほど華やかではないのだが・・・。
a0342569_19184631.jpg
 そんなヤマツツジが咲きだすとキムネクマバチがやって来て、日当たりのよい午前中には窓の近くでホバーリングをするのだ。それをちょっと長めのレンズで狙ってみた。何とか撮れた。
a0342569_19175729.jpg
a0342569_19180622.jpg
a0342569_19181851.jpg
a0342569_19183086.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 300mm F4.0 IS Pro)


# by jichouan | 2019-05-02 19:20 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 30日

ハエトリグモ・・・


 庵主はどちらかというとクモ類は好きではない。特にあの巣が良くない。あまり人の通らない林内の小路をたどっている時、顔にクモの巣がよく引っ掛かる。何とも不快だ。また、時鳥庵の天井には払っても払ってもすぐにクモの巣が張られるのだ。もっとも、それを張ったクモ達はカやハエなど害虫を捕食してくれるのだが・・・。クモ達には申し訳ないが、嫌いなものはしょうがない。
 ところが、そんなクモの中でいつも関心を持って見ているのがいる。ハエトリグモの仲間だ。その動きを見ているとかなり面白い。英語ではJumping Spider と呼ばれるように、跳躍するのだ。葉から葉にピョンと跳び移ることができる。巣も張らない。だから気に入っているのだが、もう一つある。その面構えが何とも好きなのだ。クモ類は基本的には眼を8個持つ。昆虫のような複眼ではない。それがハエトリグモの場合頭胸部の前面にかなり大きな目を4個並べているのだ。それによって何とも庵主にとっては好ましい面構えを構成しているのだ。ちなみに残りの4個はそれほど大きくなく頭胸部の側面にある。さあ、その面構えを並べてみよう。中にはカメラ目線のヤツもいる。一番上の画像は石垣島で撮影したものだが、他はすべて時鳥庵で撮影した。何種か混じっていると思うが、種名までは同定していない。
a0342569_15341716.jpg
a0342569_15343191.jpg
a0342569_15343963.jpg
a0342569_15345228.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_15352112.jpg
a0342569_15352922.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)
a0342569_15354210.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


# by jichouan | 2019-04-30 15:38 | 動物 | Comments(0)
2019年 04月 25日

タガメの越冬明けか?


 今日の午後5時頃のことだ。温室横でぶらぶらしていたら、地面の落ち葉が何やらわさわさしていた。何かいるようだ。しばらく見ていると、何と泥だらけのタガメが現れた。落ち葉の下の土の中にもぐって越冬していたのだろう。今日の午後はちょっと日が差して気温が上がった。昨夜からの雨のせいでずいぶん蒸し暑く感じる。タガメもいよいよ活動の季節を迎えたのだろう。
a0342569_17280083.jpg
a0342569_17281037.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-04-25 17:29 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 22日

アザミウマ(その11、Litotetothrips pasaniae)


 Litotetothrips pasaniae Kurosawa(クダアザミウマ科クダアザミウマ亜科)は本州と九州に分布する小型の食植性アザミウマだ。今のところ四国からの記録はないようだが、おそらく分布しているだろう。海外では台湾から記録されているようだ。寄主植物はスダジイなどのシイ類で、葉の裏側などから見つかる。シイマルクダアザミウマという和名を持つように、多少丸みを持った短い頭部が特徴の一つだ。触角にも特徴があって、第8節(触角先端の節)が紡錘形で細長い。ただ、これらの特徴は同属の他種も共通して持っている。すべて長翅型で、オスは少ない。同属からは3種が日本から知られるが、他2種とは前翅に重複刺毛が無いことで区別できる。
a0342569_15595759.jpg
a0342569_16000966.jpg
a0342569_16001950.jpg
メス。体長は1.5mm前後。

(7DMarkII; MP-E 65mm F.2.8 Macro Photo)


# by jichouan | 2019-04-22 16:01 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 19日

オオミスミソウ2019(その4)


 もう今年の花は終わってしまったのだが・・・。今年咲いた花はまだまだある。
a0342569_10130896.jpg
a0342569_10131664.jpg
a0342569_10132578.jpg
a0342569_10133403.jpg
a0342569_10134290.jpg
a0342569_10135142.jpg
a0342569_10140125.jpg


# by jichouan | 2019-04-19 10:15 | 園芸 | Comments(0)
2019年 04月 18日

ヤマザクラ2019


 時鳥庵の玄関正面にはちょっと大きな株立ちのヤマザクラがある。それがちょうど満開だ。ヤマザクラは実生で増えるためか株ごとに性質が少しずつ違う。開花もソメイヨシノのようにいっせいに咲かない。タカオハナアブが多く集まる温室横のヤマザクラが時鳥庵ではもっともはやく咲き、今年は4月10日には満開で、今は葉桜になっている。それに遅れること8日でこのヤマザクラが満開になったのだ。
 実はこのヤマザクラの奥にさらに大きな株立ちのがあるのだが、それは4日ほど前に満開で、いまはかなり散ってしまった。このように次々と入れ替わりに咲くヤマザクラは何とも趣があって、庵主はソメイヨシノより大いに気に入っている。あの独特の葉桜の色も何とも良い。と勝手に思っているのだ。
a0342569_13470761.jpg


# by jichouan | 2019-04-18 13:48 | 植物 | Comments(0)
2019年 04月 15日

続々、タカオハナアブ2019・・・


 メスの撮影をしていたとき、そこに突然交尾を迫るオスが飛び込んできた。いつもならそこで撮影を終了するのだが、とっさに少し引きながらそのままシャッターを押し続けてみた。メス・オスの動きは激しいのでうまく写るかどうかは分からない。とにかくシャッターを切り続けたのだが、数秒でメスはオスから離れ、飛び去った。
 この交尾の画像を確認するとオスが飛来して交尾が始まり、メスが飛び去るまで40コマほど撮影されていた。この日用いたカメラは毎秒10コマの撮影ができるのだが、それが額面通りだと4秒ほどということになる。画像を一枚ずつ確認すると、何とか見れそうな画像が数枚あったし、メスとオスの腹端が確実に接合されているのも確認できた。これまで5回ほど同じような光景を見たが、すべて似たような状況で、長い時間接合していることはなかった。この数秒の間に交尾は成立しているのだろうか。
a0342569_18230576.jpg
メスの撮影中、突如、交尾を迫るオスが飛来。メスも素早く反応したためか頭胸部がぶれている。

a0342569_18231687.jpg
交尾する。小刻みにだが激しく動いている。

a0342569_18232952.jpg
メスがオスから離れる直前の画像。ボケてはいるがしっかり交尾しているように見える。

a0342569_18233967.jpg
約4秒後にはメスはオスから離れ、飛び去った。

(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

 これはまた違うシーンだ。
a0342569_18234966.jpg
この画像を撮影していたときのことだ。

a0342569_18235903.jpg
やはり突然オスがやって来て、交尾を始めた。

a0342569_18241174.jpg
この場合も5秒ほどでメスとオスは分離して飛び去った。

(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


# by jichouan | 2019-04-15 18:28 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 14日

続、タカオハナアブ2019・・・


 やっと、と言うか、何とかメスの撮影ができた。毎日何度かはメスに遭遇するのだが、結構敏捷で、近づくとすぐに飛び立ってしまう。やっと近づくことができても、すぐオスが飛来して交尾を迫り、数秒ほど激しく動きどこかに行ってしまうのだ。時鳥庵ではオスの生息密度が結構高いので、そういうことが普通に起こる。だからなかなか撮影できなかった。
 画像のメスは待っていたヤマザクラの隣にあるクヌギの幹の膝くらいの高さのところにに突然飛来した。すぐそばにいたので簡単に撮影距離まで近づけた。うれしいことにしばらく静止してくれたので、難なく撮影。やっぱりコマルハナバチのメスにそっくりだ。よかったよかった。ただ、その直後にドラマが・・・。(つづく)
a0342569_08515197.jpg
a0342569_08520374.jpg
a0342569_08514105.jpg
(D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )
a0342569_08521638.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-04-14 08:53 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 12日

タカオハナアブ2019・・・


 雪の10日から一夜明けた11日は朝から快晴だった。どうやら夜に気温が上がり雨に変わったようで、積雪は一切なかった。ただ、気温はまだ低く、冷たく強い北風がさらに体感気温を下げていた。温室横のしょぼいヤマザクラは時鳥庵では一番早く咲き9日にはほぼ満開で、この花に来るタカオハナアブも盛んに飛来していたのだ。(タカオハナアブの過去の記事はこちら。)だからこの日は、気温が低くてもこのタカオハナアブの撮影をしようと一日温室横で格闘した。毎年の恒例なので何かいつもと違う画像を撮りたいのだが、今年は真横からの画像にこだわってみた。はたして真横から撮れただろうか。それともう一つ、メスのしっかりした画像を撮るのも目標だ。タカオハナアブはメスとオスで色彩が大きく違い、特にメスは黒くコマルハナバチにそっくりで興味深い。ところがオスに比べうんと少ないのだ。今までも何度か撮影はしているが、あまりしっかりした画像が得られていない。
 結果はというと、オスの真横からの画像は結構撮れた。メスの撮影は今後に期待・・・というところ。
a0342569_09002000.jpg
a0342569_09003192.jpg
a0342569_09004041.jpg
a0342569_09004887.jpg
(7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_09005888.jpg
a0342569_09010718.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-04-12 09:02 | 昆虫 | Comments(0)
2019年 04月 10日

雪が・・・


 今日の昼ごろから時鳥庵では雪が降っている。今(午後4時38分)もまだ降り続いている。ヤマザクラが咲きだすこの季節に、まさか雪が降るとは思っていなかった。畑も真っ白だ。ただ、水分の多い雪だし、気温も真冬ほどは低くないので長く積もることはないだろうと思っている。むしろ、ここのところほとんど雨が降っていなかったので、畑には恵みの雪かもしれない。おそらく時鳥庵では平成最後の雪になるのだろう。
a0342569_16362018.jpg
a0342569_16362869.jpg
a0342569_16363603.jpg


# by jichouan | 2019-04-10 16:38 | 田舎暮らし | Comments(0)
2019年 04月 08日

ケブカハチモドキハナアブ・・・


 ケブカハチモドキハナアブはハナアブ科のアブで、体は黒地に黄色の横縞がくっきり入り、一見ハチの仲間に見まがえる。その色彩からおそらくドロバチ類などに擬態しているのだろう。よく似た種にハチモドキハナアブがいるが、こちらはやや「腰細」で、どちらかというとスズバチ類やトックリバチ類に擬態しているのではないだろうか。このハチモドキハナアブは夏にクヌギなどの樹液によく集まるのだが、時鳥庵とその周辺ではまだ見つけていない。それに対しこのケブカハチモドキハナアブは春先にケヤキに集まるという。
 一昨日、時鳥庵の温室横にあるそれほど大きくないケヤキの根元近くに1匹のメスが飛来した。最初はメスなのかオスなのか分からなかったのだが、そのうち産卵を始めたのでそれがメスであることが分かった。しばらくケヤキの幹上を歩きまわり産卵を続けたので、ゆっくり撮影できた。また、昨日も同じ木に1匹来ていたが、これはすぐに飛び立った。アブにしては長い触角を持ち、なかなか良い姿をしている。
a0342569_13005999.jpg
a0342569_13011876.jpg
a0342569_13010930.jpg
a0342569_13012642.jpg
a0342569_13014082.jpg
a0342569_13014937.jpg
(OM-D EM-1 Mark II;  M. Zuiko Digital ED 60mm F2.8 Macro)


# by jichouan | 2019-04-08 13:05 | 昆虫 | Comments(0)