時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

タグ:半翅目 ( 7 ) タグの人気記事


2017年 10月 17日

アカハネナガウンカ・・・


 これは前の記事のマエグロハネナガウンカと同じ仲間だが、昨年(2016年)の8月に時鳥庵の畑で撮影した画像でアカハネナガウンカだ。マエグロハネナガウンカよりは小さいが、その鮮やかな濃いオレンジ色にはインパクトがある。イネ科の雑草上に静止していた。複眼は白くやはり「瞳」のような黒点があって、何とも愛嬌のある顔をしている。
a0342569_09000703.jpg
a0342569_09002262.jpg
(Data: 20160801; D500; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)


by jichouan | 2017-10-17 09:01 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 10月 15日

マエグロハネナガウンカ・・・


 2週間ほど前のことになるが面白い昆虫を見つけた。時鳥庵のクワの葉裏にいたマエグロハネナガウンカだ。セミなどと同じ半翅目・同翅亜目に属する昆虫だが、体の大きさに比べ前翅が異様に長いのだ。その前翅の前縁が黒くなっていることからついた名前だろう。よく見るとこの翅の黒い部分の翅脈が赤い。さらに面白いのは複眼だ。青味がかった灰色をした複眼に黒点があるのだ。「瞳」のように見えるところが面白い。
a0342569_17461035.jpg
a0342569_17462275.jpg
a0342569_17463211.jpg
a0342569_17464199.jpg
a0342569_17470696.jpg
(Data: 20170928; D7000; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)


by jichouan | 2017-10-15 17:48 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 02月 11日

トサカグンバイ・・・


 アセビの葉裏にいたトサカグンバイ。いつ見てもグンバイムシの仲間は面白い形をしている。特にこの膨らんだ前胸はなんなんだろう。横から見ると確かに「鶏冠(とさか)」に見えなくもない。

a0342569_17385049.jpg
a0342569_17390188.jpg
a0342569_17391887.jpg
a0342569_17393646.jpg
 今回は接写用に新しいシステムを導入したのだが、その試し撮りだ。手持ち撮影でこの程度写ればまずは及第だろう。導入したのはCanonのMP-E65mm F2.8 1-5x マクロフォトという接写専用のレンズだ。「すごく使いにくい」という評判を良く聞くが、そうでもなかった。もっと高倍率だと使いにくいのかもしれないが・・・。少しずつ試してみるつもりだが、なにせ庵主自身が今は越冬中なので、活動は鈍い。

by jichouan | 2017-02-11 17:47 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 02月 05日

エサキモンキツノカメムシ・・・


 庵主は世田谷で越冬中につき、外に出ることも少なく、ひたすら読書などをしている。このブログも少し滞っている。そんな中で、たまに外に出たとき立ち枯れた木の樹皮が浮いているのがあった。アザミウマでもいないかと思ってはがしてみると、目に飛び込んできたのは鮮やかなハート模様。
a0342569_17383845.jpg
 これも自然の造形美だ。エサキモンキツノカメムシだろう。樹皮下で越冬中のようだ。

by jichouan | 2017-02-05 17:39 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 10月 17日

タガメの採集調査....

 毎年10月にタガメの採集調査を実施している。採集されたタガメの一部は収穫祭(東京農大の大学祭)で展示する。いつも子供たちに大人気だ。今年の調査でもたくさんのタガメが確認できた。今年は5人の学生が参加したが、M1のK君の奮闘が特に際立っていた。(K君にはこのブログ上にアップすることの承諾を得ている。K君ありがとう。)
a0342569_08460761.jpg
 さっそうと水網をふるうK君。

a0342569_08461958.jpg
 さっそくタガメをゲット。

a0342569_08463027.jpg
 そのうち深みにはまって腰までズブリ。それでもめげずに水網をふるう。

a0342569_08464273.jpg
 この通りパンツまでびしょびしょ。K君ご苦労様でした。達成感が笑顔に出ている。

 さてその結果は?
a0342569_08465455.jpg
a0342569_08470667.jpg
 ミズカマキリ、タイコウチ、コオイムシなども健在。ただ、心配なのは外来種のアメリカザリガニが1匹だけだが確認できたことだ。こんなものが増えてしまうと生態系が破壊されてしまう。いつまでこの地域の水環境が保てるのだろう。

by jichouan | 2016-10-17 08:51 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 05月 24日

珍客....

 先ほど(午後8時ころ)夕食も終わって一人でまったりしていると、網戸にブーンと何か昆虫が飛んできた。今日は気温がちょっと高いのだが、クワガタムシやカブトムシにはちょっと時期が早いなあと思いながら無視しているとまたブーン。しばらく繰り返しているので、見に行ってみた。客はなんとタガメだった。前にも書いたようにこの辺はタガメは多いのだ。それでも時鳥庵の明りに飛んできたのは初めて。とりあえずインスタントコーヒーの空きビンにおいで願った。明日にでも下の用水路に放しに行こう。ピンぼけ写真でごめんなさい。
a0342569_20234818.jpg


by jichouan | 2016-05-24 20:25 | 昆虫 | Comments(0)
2016年 02月 04日

タガメ....

a0342569_08515550.jpg
a0342569_08520685.jpg






 飼っていたタガメが死んだので標本にしてみた。全国的には絶滅の危機にあるのだが、時鳥庵周辺にはまだ結構いて、特に昨年はたくさん見られた。そのうち1ペアを東京で飼育していたのだが、小さい方(おそらくオス)が死んでしまった。



by jichouan | 2016-02-04 09:36 | 昆虫 | Comments(0)