時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top

タグ:アリバチ科 ( 2 ) タグの人気記事


2017年 10月 07日

アリバチモドキ・・・


 アリバチモドキ(=ヤマトアリバチモドキ)はアリバチのなかまだ。したがってアリバチ科に所属するのだが、最近ではアリバチモドキ科を独立させ、それに入れられることもあるようだ。どちらがよいのか庵主にはよくわからない。
 ここのところ奥日光では朝の最低気温が1℃台まで下がり、結構寒くなったのだがアリバチモドキのメスがまだ活動していた。アリバチなのでメスには翅がない。
a0342569_16502907.jpg
(Data: 20171005; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

a0342569_16504191.jpg
a0342569_16505474.jpg
a0342569_16511096.jpg
a0342569_16512033.jpg
(Data: 20171006; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 ついでに時鳥庵で9月に撮影したオスの写真も貼っておこう。オスはメスよりかなり大きく、翅があるうえ体全体が黒いのでメスとはずいぶん違う姿をしている。ちなみに時鳥庵でもメスは採集しているが、撮影はできていない。
a0342569_16513851.jpg
(Data: 20170902; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_16520243.jpg
(Data: 20170905; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


by jichouan | 2017-10-07 16:57 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 08月 29日

ムネアカアリバチ・・・


 ここ数日、時鳥庵の温室横でアリバチの一種のメスを時々みかける。アリバチの仲間のメスは翅がなく、アリに似て地面を歩いているのを見ることが多い。ところが、今回は草むらの葉の上を、何か探索するように歩いているのをよく見るのだ。調べてみるとどうやらムネアカアリバチのようだ。体長は8mm前後。ちょこちょこと結構速く歩くのでなかなか撮影は難しい。ずっとファインダーをのぞきながら追いかけていると一瞬立ち止まる時がある。それがシャッターチャンスだ。これを追いかけるのはちょっとストレスがたまる。
 オスには翅があってメスとは形態的にずいぶん異なる。メスがこれだけいるのだからオスはいないかと探しているがいまだに見つからない。この仲間の幼虫はハナバチ類やクモバチ類などほかのハチの幼虫や蛹に寄生して育つのだが、すべての種で宿主が判明しているわけではない。
 
a0342569_20054970.jpg
a0342569_20055844.jpg
(Data: 20170827; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_20060838.jpg
a0342569_20061677.jpg
a0342569_20062639.jpg
(Data: 20170828; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_20064278.jpg
(Data: 20170829; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 同定のため採集しようとするとこれがまた難しい。ちょっと草むらが揺れると落ちてしまうのだ。落ちるともう見つからない。草むらのため捕虫網で受けようとするのだがうまくいかない。それでもいくつかを採集したが、別の種が1♀混じっていた。それはまだ同定できていない。ちなみにこの仲間はスズメバチと同じスズメバチ上科に属し、メスは刺すので捕まえるときは注意が必要だ。

by jichouan | 2017-08-29 20:18 | 昆虫 | Comments(0)