時鳥庵晴耕雨読

  時鳥庵         jichouan        じちょうあん         時鳥庵         jichouan         じちょうあん 
Top
2017年 05月 27日

続・エビネ2017


 御蔵島に行ってる間に時鳥庵のエビネは最盛期を過ぎてしまった。今年咲いた花の一部をアップしておく。エビネと言えば御蔵島はニオイエビネの産地として有名だ。しかし、40年前は、結構あったが、今は島の「エビネ園」で保護されているものしかない。ほとんどが採取され持ち出されてしまったからだ。その花が美しく、高値がつくからだ。庵主もその「エビネ園」に行ってきたが、残念ながら今回はほとんど花は終わっていた。ちなみに時鳥庵にはニオイエビネはない。ジエビネとニオイエビネの交雑種であるコウヅエビネはある。ニオイエビネが地植えには適さないためだ。
a0342569_07483916.jpg
a0342569_07485226.jpg
a0342569_07490683.jpg
a0342569_07492200.jpg
a0342569_07493155.jpg
a0342569_07494452.jpg
a0342569_07495518.jpg
a0342569_07500996.jpg
a0342569_07502189.jpg
a0342569_07503203.jpg


# by jichouan | 2017-05-27 07:51 | 植物 | Comments(0)
2017年 05月 25日

愛しのアリス・・・


 と言っても西洋の女性の名前ではない。アリスアブというハナアブ科のアブのことだ。アリノスアブともいう。つまり「蟻巣虻」なのだ。幼虫はトビイロケアリの巣の中にいて、とても昆虫とは思えないドーム型をしている。そしてアリの幼虫を捕食して育つのだ。そんな生態がわかるにつれ、ここのところ人気のある昆虫にのし上がってきた。ちなみに「アリスアブ」でHP検索すると多数の記事と写真を見ることができる。幼虫の写真をぜひ探して見てほしい。
 そのアリスアブが時鳥庵のの庭にここ数日結構いるのだ。温室わきにクヌギの伐採木が数本置いてあるのだがその周りが最も多い。たいていはオスでなわばり行動をとっているようにも見える。もしやと思い毎日観察していると交尾も観察できた。
 また、日本にはアリスアブの仲間は何種類かいるのだが、種によって寄生するアリの種類が違うのも興味深い。もしこの種がアリスアブで間違いなければ、トビイロケアリの巣を探せば幼虫を見つけることができるだろう。そのうち挑戦してみよう。
a0342569_17331253.jpg
a0342569_17332666.jpg
a0342569_17334168.jpg
(Data: 20170521; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

a0342569_17335584.jpg
a0342569_17340956.jpg
a0342569_17342119.jpg
(Data: 20170524; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-05-25 17:36 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 24日

赤い翅の昆虫(その3、ベニコメツキ2種)


 アカハネムシに次いで多いのがニホンベニコメツキだ。これは形からいってもカクムネベニボタルに一番よく似ている。しかし、こちらは鞘翅は固く、なかなか感じがよい。普通種だが庵主の好きな昆虫の1つだ。
a0342569_21040795.jpg
(Data: 20170429; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_21044354.jpg
(Data: 2017430; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 今年はかなりの数のニホンベニコメツキを見たが、その中にちょっと印象の違うのが数頭混じっているのに気がついた。どこが違うかと言うと、とにかく小さいのだ。正確に測ってはいないが1cmに満たない。それに鞘翅の光沢もやや鈍く、生えている微毛もより多い気がする。
a0342569_21050590.jpg
(Data: 20170501; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 さらに拡大して見ると前胸背板の中央前方に明瞭な横溝があるのだ。それは横から見るとよくわかる。
a0342569_21052320.jpg
(Data: 20170508; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

 これらの特徴からこの小さいベニコメツキは別種のミヤマベニコメツキだろうと思っている。こんな標高の低いところにもいるのかと驚いている。ちなみに時鳥庵のあるところは標高130mほどだ。のちに精査する必要があるので、数頭採集しておいた。

# by jichouan | 2017-05-24 21:07 | Comments(0)
2017年 05月 21日

ミクラミヤマクワガタ・・・


 短期間だが御蔵島に約40年ぶりに行ってきた。オオミズナギドリの繁殖地で有名な伊豆の島だ。そこにノネコ(野生化したのら猫)が増え、オオミズナギドリの数が減っているという。その調査の関連で行く機会を得たのだ。
a0342569_18104500.jpg

 島は40年前とはいろんな意味で大きく変わっていた。ミクラミヤマクワガタもかなり減ったようだ。この島と神津島だけに棲む小さなクワガタムシで、5・6月に現れる。今は保護され採集などは一切禁止されている。飛ばないので、ひたすら地面を歩いているのだ。そんな昆虫には島を取り巻く舗装道路は大きな障害になる。カンカン照りの路上で力尽きたこの虫をよく見かけるし、側溝に落ちてしまうこともある。それにも増して、前述のノネコの増加も大きな脅威なのだ。捕食されているに違いない。何か良い対策は無いものか・・・。
a0342569_18113507.jpg
a0342569_18120858.jpg
(Data: 20170518; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
a0342569_18125240.jpg
(Data: 20170519; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_18133573.jpg


# by jichouan | 2017-05-21 18:18 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 19日

赤い翅の昆虫(その2、アカハネムシ)


 何といっても一番多いのはアカハネムシだ。やや古い枯れ木の周囲に多く、ときに10数頭が集まっていることもある。鞘翅が柔らかく、人気のある甲虫ではないが、良く見るとその鞘翅はそこそこ美しい。
a0342569_07551605.jpg
a0342569_07552868.jpg
(Data: 20170418; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_07554212.jpg
(Data: 20170430; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-05-19 07:56 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 17日

赤い翅の昆虫(その1、カクムネベニボタル)


 4・5月の時鳥庵には赤い翅の昆虫(特に甲虫)が飛んでいるのを目にすることが多い。これは毒のあるカクムネベニボタルに擬態して身を守っている昆虫が多いからだとよく言われる。時鳥庵にもそのカクムネベニボタルがいた。
a0342569_18574370.jpg
(Data: 20170501; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 しかし、気になるのはその数だ。今年は写真の1頭しか見ていない。少ないのだ。同じく毒を持つだろう良く似た別種のベニボタル(未同定、下の写真)もいたが、それも1頭見たのみだ。
a0342569_18580423.jpg
(Data: 20170420; D7000; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)

 それに対して似た色彩を持つ無毒の昆虫は相当多い。毒を持つ側、つまりモデルになる昆虫がこんなに少なくて、はたして捕食者の学習効果はあるのだろうか。ちょっと疑問だ。

# by jichouan | 2017-05-17 18:58 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 15日

エビネ2017


 今年も時鳥庵の庭でエビネが咲き出した。自生していたものではなく植えたものだ。エビネの色の豊富さには目を見張るものがある。
a0342569_06233158.jpg
a0342569_06234794.jpg
a0342569_06240045.jpg
a0342569_06241622.jpg
a0342569_07462669.jpg
a0342569_06250727.jpg


# by jichouan | 2017-05-15 06:26 | 植物 | Comments(0)
2017年 05月 11日

ツシマムツボシタマムシ6紋型・・・


 当地では6紋型は4紋型よりやや少ない傾向にある。6紋型でもやはり斑紋の大きさなどは個体によってかなり変異があって、斑紋が小さく金紋になっていない個体もいた。
a0342569_16492940.jpg
(Data: 20170503; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_16494320.jpg
a0342569_16495643.jpg
a0342569_16501298.jpg
(Data: 20170504; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

a0342569_16502456.jpg
(Data: 20170505; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_16503658.jpg
(Data: 20170509; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 脚の色も黒~紫~赤銅色と変異があるようだ。

# by jichouan | 2017-05-11 16:53 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 10日

続・ツシマムツボシタマムシ4紋型・・・


 改めて前回アップしたツシマムツボシタマムシ4紋型の写真を見ると、ちょっと地味に写った写真ばかりなので、もう少しハンサムに写った写真を追加しておく。斑紋の色や大きさなどの個体変異もかなりある上に、陽光の強さや角度などによって写りがかなり違ってくるのだ。
a0342569_10525665.jpg
a0342569_10530921.jpg
a0342569_10532385.jpg
a0342569_10533423.jpg
a0342569_10534560.jpg
(Data: 201700509; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-05-10 10:54 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 07日

ツシマムツボシタマムシ4紋型・・・


 時鳥庵から歩いて10分ほどの所の里山林が一部伐採された。昨年ハンミョウの撮影をしたあたりだ。ここのところ天気の良い日にはそこに出かけて昆虫の観察をしている。伐採木や伐採枝に集まる昆虫が目的だ。太い伐採木は既に搬出されたようで、ほとんどない。
a0342569_13245713.jpg
 伐採枝にあまり多くはないがツシマムツボシタマムシが飛来する。これから数が増えるのかもしれない。一昨年の5月中旬に、そこに隣接する別の伐採地でかなり多くいたのだ。本種には鞘翅に6個の金色紋がある6紋型と、それが4個しかない4紋型がいる。通常この仲間は6個の斑紋を持つので「ムツボシ」と呼ぶのだが、このツシマムツボシタマムシの4紋型は例外的な存在だ。
a0342569_13251681.jpg
a0342569_13253137.jpg
a0342569_13255179.jpg
a0342569_13261456.jpg
(Data: 20170503; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_13262879.jpg
(Data: 201700504; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

a0342569_13264135.jpg
(Data: 20170505; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


 タマムシにしてはちょっと地味だが、腹側や翅の下は緑~青色の金属光沢がある。

# by jichouan | 2017-05-07 13:30 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 01日

ミヤマセセリ・・・


 この時期、日だまりで待っているとミヤマセセリがよく現れる。これも春にしか見られない昆虫だ。
a0342569_13554133.jpg
a0342569_13555684.jpg
a0342569_13560937.jpg
(Data: 20170406; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_13562385.jpg
(Data: 20170417; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )


# by jichouan | 2017-05-01 13:57 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 27日

白いスミレ・・・


 スミレ類の花もそろそろ終わるが、今年初めてその存在に気づいたスミレが2種ある。そのうちの1種はヒゴスミレかエイザンスミレの類なのだが、気づいた時にはすでに花が終わっていたので、それは来年の楽しみとしよう。もう1種は今も咲いている白いスミレだ。葉が丸くて大きいので、調べれば名前が分かるかもしれない。坂道わきのヤマアジサイの下に10数株が自生しているのを発見した。
a0342569_16444100.jpg
(Data: 20170417; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_16445549.jpg
(Data: 20170418; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-04-27 16:47 | 植物 | Comments(0)
2017年 04月 25日

ムシヒキアブ2017(クロスジイシアブのメス)


 クロスジイシアブを4月23日に再び見つけたのだが、前日見たのとはちょっと違うのだ。どこが違うかというと口器周辺の毛の色だ。鮮やかな黄色の毛がふさふさしていたのが、今回の個体では銀色や黒色の毛が生えているだけである。調べてみるとこの毛が黄色いのがオス、そうでないのがメスだということが分かった。
 前日と同じ午前10時ごろ、しかも温室わきの同じ木(クヌギとヤマザクラ)の幹にとまっていたのだ。一時間ほど観察できたのだが、その間4回餌の昆虫を捕まえてきた。捕まった昆虫は小型のヒメバチやハバチの仲間だった。
a0342569_03541611.jpg
a0342569_03543656.jpg
a0342569_03545429.jpg
a0342569_03551183.jpg
(Data: 20170423; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-04-25 03:57 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 23日

ムシヒキアブ2017(今年初のムシヒキアブ)


 昨日(4月22日)、今年初めてのムシヒキアブを確認した。それはなんと時鳥庵では初記録になるクロスジイシアブだった。昨年は時鳥庵とその周辺から10種のムシヒキアブを記録しているので、これは11種目の記録だ。(4月25日に頭部の拡大写真を追加。)
a0342569_06470542.jpg
a0342569_10564510.jpg
(Data: 20170422; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)


# by jichouan | 2017-04-23 06:47 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 21日

フデリンドウ・・・


 時鳥庵にはリンドウは3種ある。秋に咲くリンドウ(ササリンドウ)とツルリンドウ、それに春に咲くフデリンドウだ。どちらかというとフデリンドウは日照を好む。時鳥庵は樹木が大きく生育し、日当たりの良いところは少ないのでフデリンドウは少ない。温室の周囲は少し木を切ったので、ちょっと日当たりが良くなった。するとフデリンドウが少ないながら出てきたのだ。
a0342569_20245508.jpg
a0342569_20252007.jpg
a0342569_20253651.jpg
(Data: 20170420; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-04-21 20:27 | 植物 | Comments(0)
2017年 04月 19日

コシアブラ、そろそろ食べごろ・・・


 時鳥庵の庭にはコシアブラが多く自生している。その新芽はてんぷらにするとたいそうおいしい。好みの問題ではあるが、多くの人はタラの芽よりおいしいという。そのコシアブラの芽がそろそろ食べごろになった。
a0342569_09002120.jpg
a0342569_09000915.jpg
a0342569_08595732.jpg

 そして収穫
a0342569_09003859.jpg
 右端の上はタラの芽、右端の下はハリギリの芽。すべててんぷらにする。

# by jichouan | 2017-04-19 09:02 | 田舎暮らし | Comments(0)
2017年 04月 16日

マルハナバチに似たアブが・・・


 4月12日のことだ。温室横で、プーンという羽音とともに地面の落ち葉の上にマルハナバチがとまった。しかし次の瞬間にはそうではなく、マルハナバチに似たアブだということに気がついた。庵主は初めて見るアブだ。名前も分からなかった。その後付近を調べるも、その日は見つからなかった。
a0342569_14495829.jpg
(Data: 20170412; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 翌13日にもう一度付近を探索し、このアブがヤマザクラの花に来ていることが分かった。温室横のヤマザクラは時鳥庵では一番早く咲いたのだ。しかも、よく見ているとそのヤマザクラや、付近のクヌギの根元付近に次々に集まり、幹にまとわりつくように飛びながら上昇していくではないか。三々五々やってくるのでその数は決して少なくはない。この状況は14日も続いたのだが、15日以降はほとんど見なくなった。結構よく飛び回るので撮るのは難しいが、採るのはそれほど難しくない。記録用に4個体だけ採集しておいた。
 どうやらハナアブ科のタカオハナアブのようだ。時鳥庵にはたくさんいたのだが、埼玉県では準絶滅危惧種になっている。案外珍しいのかもしれない。
a0342569_14502882.jpg
a0342569_14503842.jpg
a0342569_14504759.jpg
a0342569_14505751.jpg
(Data: 20170413; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 一番下の写真の個体は黒く、これは♀だと思う。これなどはコマルハナバチにそっくりだ。♂はたくさんいたが、♀は2度目撃できたのみだ。

# by jichouan | 2017-04-16 15:03 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 14日

子グモの行方・・・


a0342569_17474201.jpg
a0342569_17472911.jpg
(Data: 20170405; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 枯れ枝の先の糸で作った巣の中にたくさんの子グモがいた。体長は2mmにも満たない。庵主はクモのことは分からないので種名は不明。当日は風が結構あって、強い風が吹くと子グモたちは糸をはいて、その糸ごと次々に風に飛ばされていくのだ。クモが移動するのに風を利用する話は知っていたが、このような光景は始めて見た。次々に飛ばされて行く子グモ達はどこに行きつくのだろうか・・・。小さいうえに風が強かったので、少々ピンボケの写真にはご容赦願いたい。

# by jichouan | 2017-04-14 17:50 | 動物 | Comments(1)
2017年 04月 13日

新芽の季節・・・


 いよいよ木々の芽吹きが始まった。
 コナラ・・・
a0342569_17184458.jpg
(Data: 20170413; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 サンショウ・・・
a0342569_17185659.jpg
(Data: 20170413; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-04-13 17:20 | 植物 | Comments(1)
2017年 04月 11日

オオミスミソウ(その7、最終回)


 オオミスミソウの花もそろそろ終わりだ。今年はずいぶん咲いた。まだまだいっぱいあるのだが、ちょっと飽きてきた。残りの写真は来年に回すとしよう。そろそろスミレ類も咲きだしたし、昆虫も増えてきた。
a0342569_19050573.jpg
a0342569_19052240.jpg
a0342569_19053832.jpg
a0342569_19055404.jpg
a0342569_19061480.jpg
(Data: 20170320; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)

 最初、時鳥庵のオオミスミソウはあまり調子が良くないと書いたのだが、そうでもなさそうだ。ずいぶん実生苗も増えているし、大株に育っているのも多い。
a0342569_19064375.jpg
a0342569_19070492.jpg
(Data: 20170404; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

 これだけ大株になると迫力がある。 (とりあえず今年は今回で終わりにしよう・・・)



# by jichouan | 2017-04-11 19:12 | Comments(0)
2017年 04月 10日

ヤマザクラ開花・・・


 時鳥庵にはたくさんのヤマザクラがある。去年も書いたがヤマザクラは実生で増える(のだと思う)ため、どれも性質が違う。いっせいに咲かないし、花の形や色も株によって少しずつ違う。そんなヤマザクラを庵主は好きだ。また、多くは葉と花が同時に出てくる。ソメイヨシノでは花の後に葉がでてくる。そこが違うのだが、ヤマザクラでも花が先で、その後に葉が出るのも少ないながらある。時鳥庵で一番大きなヤマザクラは花が先なのだが、まだ咲いていない。今年一番早く咲いた花がこれだ。去年よりちょっと遅い。
a0342569_19522252.jpg
(Data: 201704010; D7000; Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro VC USD)


# by jichouan | 2017-04-10 20:04 | 植物 | Comments(0)
2017年 04月 08日

アズマヒキガエル・・・


 一昨日(4月6日)のことである。朝9時ごろ、温室の天窓を開けに行った時のことだ。ここのところ暖かく、また、まだ周りの落葉樹が芽吹いていないので温室には日が当たり、天窓をあけないと温室内の温度が上がってしまうのだ。温室は時鳥庵の建物の下にあり、その間は斜面になっており、コナラやヤマザクラが生えている。
a0342569_11445977.jpg
 そんな斜面の中で何やらガサゴソと音がする。最初はコジュケイでもいるのかと思ったのだが、いくら目を凝らしてもそれらしいものは見えない。しばらく見ているとあちこちで同じようなガサコソが始まった。それは斜面の下へ移動してくる。
 はたしてその正体は、アズマヒキガエル(ニホンヒキガエルの亜種)だった。どれも十分成長した成体である。
a0342569_11451307.jpg
a0342569_11453000.jpg
a0342569_11454521.jpg
(Data: 20170406; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)
 しばらく見ていると何匹ものヒキガエルが斜面を下へ下へと降りてくるではないか。時に2匹が絡み合いながら。低い方へ移動するのは水場を探すためだろう。急に暖かくなったので、産卵場へ向かっているのだろう。おそらくその夜の水場ではすさまじいカエル合戦が演じられたのではあるまいか・・・。

# by jichouan | 2017-04-08 11:48 | 動物 | Comments(0)
2017年 04月 06日

ビロウドツリアブ・・・


 日本人の多くはソメイヨシノの開花で春を感じるのではないだろうか。私は昆虫学者なので、桜だけではなく、昆虫の出現で春を強く意識する。春を感じる昆虫はいろいろいるのだが、そのひとつがビロウドツリアブだ。春になると日だまりに現れ、長い口吻で花の蜜を吸う。他の季節にはいない。結構普通にいる昆虫で、特にどうということはないのだが、なぜか庵主には気になる昆虫だ。体が長い毛で覆われ、そのモコモコしたところが何とも良い、とかってに思っている。毎日、いつ現れるかと待っていたのだが、やっと現れた。意外と気難しく、近づくと瞬間移動するようにいなくなる。たいていは真上に飛び上がり、また舞い降りるのだが、そのままいなくなることもある。
a0342569_11514692.jpg
a0342569_11515877.jpg
a0342569_11521373.jpg
a0342569_11530148.jpg
a0342569_11522816.jpg
(Data: 20170405; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_11532178.jpg
(Data: 20170406; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)


# by jichouan | 2017-04-06 11:56 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 04月 04日

シュンラン2017


 今年のシュンランはどうも良くない。去年もそうだったが、ノウサギが葉を全部食べてしまうのだ。時鳥庵の庭には足の踏み場もないほど自生しているところもあるのだが、ほとんど葉を食べられてしまった。エビネの葉などはまったく食べられていないことを考えると、どうもノウサギはシュンランの葉が特別好きらしい。ノウサギも自然の一員なので、まあしょうがないか、とも思っている。天敵のキツネなどが減ったのかもしれない。そう言えばしばらくキツネを見ていない。
a0342569_19491728.jpg
(Data: 20170402; D500; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G )

a0342569_19494049.jpg
a0342569_19495318.jpg
a0342569_19501062.jpg
a0342569_19502290.jpg
a0342569_19503334.jpg
a0342569_19504558.jpg
(Data: 20170404; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-04-04 19:52 | 植物 | Comments(0)
2017年 03月 29日

ヒオドシチョウ・・・


 今日は少し暖かく、時鳥庵の日だまりでヒオドシチョウがひなたぼっこをしていた。このチョウは成虫で越冬する。翅の周囲が傷んでいるのは越冬したからだ。比較的普通にいるタテハチョウだが、その翅は美しい。ただし翅の裏側は枯れ葉色で目立たない。
a0342569_16595404.jpg
a0342569_17000620.jpg
a0342569_17001989.jpg
(Data: 20170329; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_17090167.jpg
(Data: 20140328; D7000; AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G)

 一番下の写真は2014年の3月28日に写したものだ。この時期にはよく現れるようだ。


# by jichouan | 2017-03-29 17:09 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 03月 29日

オオミスミソウ2017(その6)


a0342569_13130017.jpg
a0342569_13132451.jpg
a0342569_13140009.jpg
a0342569_13143154.jpg
a0342569_13144242.jpg
a0342569_13145623.jpg
a0342569_13150744.jpg
a0342569_13153172.jpg
a0342569_13154430.jpg
a0342569_13155985.jpg
a0342569_13161221.jpg
(Data: 20170318; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)
 (まだまだ続く・・・)

# by jichouan | 2017-03-29 13:20 | 植物 | Comments(0)
2017年 03月 27日

オオミスミソウ2017(その5)


 まだまだいっぱい咲いている。
a0342569_12043048.jpg
a0342569_12044986.jpg
a0342569_12050230.jpg
a0342569_12051514.jpg
a0342569_12053087.jpg
a0342569_12054464.jpg
↑ この花にはおしべがない。「乙女咲き」というのだそうだ
a0342569_12072112.jpg
a0342569_12073109.jpg
(Data: 20170318; D500; Elmar M 65mm F3.5)

 多数の花を株ごとに写しているのだが、同じものが重複してアップされているかもしれない。(まだまだ続く・・・)

# by jichouan | 2017-03-27 12:09 | 植物 | Comments(0)
2017年 03月 26日

オオミスミソウ2017(その4)


a0342569_09014625.jpg
a0342569_09015916.jpg
a0342569_09021071.jpg
a0342569_09022764.jpg
↑ 多弁花も出てきた

(Data: 20170317; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)

a0342569_09023779.jpg
a0342569_09024617.jpg
a0342569_09025849.jpg
a0342569_09030980.jpg
a0342569_09032152.jpg
(Data: 20170318; D500; Elmar M 65mm F3.5)


# by jichouan | 2017-03-26 09:06 | 植物 | Comments(0)
2017年 03月 25日

ミスジミバエ・・・


 セッコクとフウランの植え替えは寒いので午後の日だまりでやっていたのだが、水で戻したミズゴケにちょっときれいなハエが飛来し、吸水しているようだった。おそらくミスジミバエだろう。
a0342569_09142683.jpg
a0342569_09143829.jpg
a0342569_09145359.jpg
(Data: 20170317; 7DMarkII; Macro EF100mm F.2.8 IS)


# by jichouan | 2017-03-25 09:09 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 03月 25日

セッコクとフウランの植え替え・・・


 現職中は忙しくて、しばらく植えかえていなかったセッコクとフウラン100鉢ほどを数日かけて植え替えた。ミズゴケで植えるのだが、ミズゴケは時間がたつと劣化するので、普通1・2年で植え替える。しかし、これは結構面倒なので、今回は前回の植え替えから4-7年も経っており、状態は相当悪くなっていたのだ。セッコクの大株は植え替えはあきらめ、ヘゴ付けにした。
a0342569_09005044.jpg
a0342569_09010422.jpg
a0342569_09003204.jpg


# by jichouan | 2017-03-25 09:02 | 園芸 | Comments(0)